私たちの社会生活にもワクチンを、コロナ禍の「隠者マインド」


(CNN)

先日、友人からメールが届いた。彼女を含む3人とその晩、近場のカフェで夕食を取らないかという誘いだ。全員がワクチンを接種済みで、天候も申し分なかった。ところがどういうわけか、気が付くと私は躊躇(ちゅうちょ)していた。「後で連絡する」と返信し、携帯を置いて、ちょっと考える。いったいどうした? なぜこんなことを決めかねているのか?
The other day, I received an email from a friend. She invited three people, including her, and her evening to have dinner at a cafe near her. All were vaccinated and the weather was perfect. However, for some reason, I was hesitant when I realized it. Reply “I’ll contact you later”, leave your cell phone and think for a moment. What happened? Why can’t you decide this?

確かにその時、ドラマ「クイーンズ・ギャンビット」のラスト2話を見るのを楽しみにしていた。残り物のピザと、口を開けてしまったワインのボトルも冷蔵庫で待機中だった。とはいえ本当にそのまま家にいて、友人と外出しない方を選ぶものだろうか? もうかれこれ丸1年、ネットフリックスの配信を部屋で1人視聴する以外何もしてこなかったこの私が?
Certainly at that time, I was looking forward to seeing the last two episodes of the drama “Queen’s Gambit”. The leftover pizza and the bottle of wine that had opened its mouth were also waiting in the refrigerator. But do you really choose to stay home and not go out with your friends? For the past year or so, I haven’t done anything other than watching Netflix distribution in my room alone?

今時であれば、誘いに対してこのように言葉を濁す行為は世間一般の人にとってそれほど珍しいものではないかもしれない。しかし私は元来、他人と交わるのが生きがいの人間だ。新型コロナウイルスの感染拡大以前、夜の外出は週5~6日のペースだった。大のディナーパーティー好きで、人と直接かかわる機会を作るのに余念がない。そんな私がもう何カ月も、ムームーにスリッパという格好で家にこもっている。本当なら、人との接触に完全に飢えているはずだ。そこで突然、恐ろしい考えに行き当たった。新型コロナが、私を内気な人間に変えてしまったのではないか?
At this time, such an act of muddying words in response to an invitation may not be so unusual for the general public. However, I’m originally a person who wants to interact with others. Prior to the spread of the new coronavirus, night outs were 5-6 days a week. He loves big dinner parties and is eager to create opportunities to interact directly with people. I’ve been staying at home for months, dressed as slippers. If true, you would be completely hungry for contact with people. Suddenly I came across a terrifying idea. Didn’t the new Corona turn me into a shy person?

私たちは、無意識に自らのロックダウンを引き延ばしたがる気質と戦わなくてはならない。人付き合いは、情緒的健康にとって必要だ。米紙ニューヨーク・タイムズの最近の評論で、アダム・グラント氏は広範囲にわたるパンデミック(世界的大流行)由来の不調を「うちしおれ」と言い表した。その意味は沈滞と虚無感、あるいは満足感の欠如となる。私に言わせれば、これには非常に簡単な治療法がある。とにかく友人と(知らない人とも)一緒に過ごすことだ。いつでも、可能な限り。
We have to fight the temperament that unknowingly wants to prolong our lockdown. Socializing is necessary for emotional health. In a recent review by the New York Times, Adam Grant described a widespread pandemic-induced upset as “wilt.” Its meaning is stagnation and emptiness, or lack of satisfaction. If you ask me, there is a very simple cure for this. Just spend time with friends (even strangers). Anytime, as much as possible.

それなら私は冒頭の晩、ネットフリックスとピザをあきらめ、友人たちとのディナーを選んだのだろうか? 答えはイエスであり、ノーだ。結局のところ私たちはレストランでピザを注文し、全員が大好きな番組(「クイーンズ・ギャンビット」)について語り合ったのだから。
So did I give up Netflix and pizza the first night and choose dinner with my friends? The answer is yes and no. After all, we ordered pizza at the restaurant and we all talked about our favorite show (“Queen’s Gambit”).



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

このページの先頭へ