生きる目的や倫理は蒸発する 人類が行きつく「幸福なデータ奴隷」①


経済学者、成田悠輔
Forbes JAPAN

与えられた目的に沿って、最適化を進めるだけの経済学から「やばい考え」は生まれない。新進気鋭の若手経済学者、成田悠輔は、これまで手段に過ぎなかったデータによって目的や倫理を決める新しいモデルを提唱する。実現すれば、データが人類の生きる目的を決める日が来るかもしれない。彼の「幸福なデータ奴隷」状態は本当に幸福なのか?
In line with the given purpose, “Yaday Thoughts” can not be born from the economics of promoting optimization. The up-and-coming young economist Narita Tsuyoshi proposes a new model that determines purpose and ethics with data that has only been used to date. If realized, it may come the day when data determine the purpose of humanity’s life. Is his “happy data slave” status really happy?

オンライン動画配信サービスのネットフリックスで新年早々に公開された「ブラック・ミラー:バンダースナッチ」が人気だ。テクノロジーが進歩した近未来のディストピアを描くドラマ・シリーズ「ブラック・ミラー」の最新作で、視聴者が主人公の行動を二択で選んでストーリーが分岐するゲームのような仕掛けが話題を呼んだ。
“Black Mirror: Banders Natch”, which was released early in the new year on Netflix online video distribution service, is popular. In the latest work of the drama series “Black Mirror” depicting the near-future dystopia with advanced technology, a game-like device in which the viewer branches the story and the action of the hero chooses a topic has attracted much attention .

舞台は1984年のイギリス。主人公の青年は6歳の時に母親を列車事故で亡くした。自分の「ささいな選択」のせいで母親が事故に遭ったと自分を責め続けている。視聴者は、主人公が朝食べるシリアル食品の種類やバスで聴く音楽など、些末にも思える選択に迫られる。これでエンディングが変わってしまうかもしれないと思いながら一つ一つの選択をするのは、正直に言えば億劫な体験でもあった。
The stage is England in 1984. The protagonist’s young man died of a train accident at the age of six. Mother continues to blame himself for having an accident because of his “little choice”. Viewers are forced to make seemingly endless choices, such as the type of cereal food that the hero eats in the morning and the music that he listens to on the bus. It was also a brave experience, honestly speaking, to make each choice while thinking that this might change the ending.

選択肢が多いことは、必ずしも幸福をもたらさない。イェール大学助教授の成田悠輔(33)が来る未来のあり方として提唱する理論は、自分の人生を機械とデータが選んでくれる「幸福なデータ奴隷」状態だ。自分の存在理由や目的さえも機械がデータから判断し選択すれば、人々は日常の小さな判断から解放され、真の幸福が訪れるという。
Having many options does not always bring happiness. The theory proposed by Yale University’s associate professor Akira Narita (33) as a way of coming is a state of “happy data slaves” where machines and data select their lives. If a machine judges and selects from its data the reason and purpose of its existence, people will be freed from the daily small judgment and true happiness will come.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ