生きる目的や倫理は蒸発する 人類が行きつく「幸福なデータ奴隷」(完)


目的を機械的に生み出すことができれば、決断し選択するための労力や時間を節約し、過去の選択に後悔して苦しむこともない。自分探しと自己責任の終わりなきアリ地獄を脱却できる。それは成田が描く未来の社会像だ。成田は中学生から哲学者の柄谷行人のグループと交流し、経済学者の青木昌彦率いる仮想研究所に出入りする早熟な学生だった。選ぶことが苦手だったという成田。
If you can create a goal mechanically, you save the effort and time to make decisions and choices, and you won’t have to regret your past choices. You can get rid of endless hell of self search and self-responsibility. It is a social image of the future drawn by Narita. Narita was a precocious student who interacted with a group of junior high school students and philosopher Yukito Karadani and went into and out of a virtual laboratory led by economist Masahiko Aoki. Narita that I was not good at choosing.

「経済学を選んだのは消極的な理由でした。そして、気づけば目的が与えられた研究をやっているだけの太鼓持ちになっていました」。数年前から目的を見失い、悩むようになった。現代の「不幸なデータ奴隷」も最終段階の「幸福なデータ奴隷」も、両方とも意味や目的を自ら選ぶことはできない。その決定的な違いは、前者は自ら選んでいないことを「自覚できていない」点だ。
“I chose economics for a negative reason, and if I realized I was just a drummer doing research that was given a purpose.” I lost sight of my goals for several years and began to worry. Neither the contemporary “unfortunate data slaves” nor the final “happy data slaves” can choose their own meaning or purpose. The crucial difference is that the former is “unaware” that he has not chosen himself.

「かつて政治経済学者は権力と闘って人々の権利と生活を勝ち取る革命家でした。21世紀になって、テック企業がデータを使ったビジネスをやったり、データを使った政策の有効性を測るために経済学者が使われるようになりましたが、審議会やメディアでおしゃべりをしているか、企業でクリック率を向上させているかで満足するようになっている。明らかな没落です。
“In the past, political economists were revolutionaries who struggled with power to win people’s rights and lives. In the 21st century, to help tech companies do business with data and measure the effectiveness of policies using data. However, economists have come to be used, but they are satisfied with whether they are chatting in the council or in the media, or whether they are improving their CTR in companies.

没落しても構わないですが、驚くのはそれに無自覚な奴隷になっていることです」。気づいていない、というのが一番やばいのだ。
It does not matter if it falls, but it is surprising that it is an unconscious slave to it. ” It is the most dangerous thing not to notice.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ