人類が行きつく「幸福なデータ奴隷」⑤


次にやってくるのが、自らが不幸な奴隷だと気づいたデータ労働者たちが意味や目倫理を意識しはじめる「不幸な奴隷」段階だ。人類がデータで何をすべきなのか考え、悩み、議論し、わめき、団結する。「人間をデータの奴隷にしようとする露悪的な人や組織と、データ利用の倫理や人道を謳う偽善的な人や組織が戦いを繰り広げる世界」だ。
The next thing to come is the “unhappy slave” stage where data workers who realize that they are unhappy slaves begin to be conscious of the meaning, purpose, and ethics. Think about what humanity should do with data, worry, argue, talk, unite. It’s a world where people and organizations that want to make humans slaves to data, and hypocrisy people and organizations that respect the ethics and humanity of using data, are fighting.

その先に待ち構える世界はさらに強烈だ。露悪と偽善の対立は消化され、全てが自動化されるという。最終段階で、目的や倫理の問題は人間の脳内から蒸発する。「何が善なのか答えがない。だから倫理や目的の定義は第三者、例えばオープンソースとして公開された機械に委ねる。機械がデータから勝手に目的を見つけ出し、最適化された行動を代行してくれる世界です。
The world waiting ahead is even more intense. It is said that the confrontation between dew and hypocrisy is digested and everything is automated. At the final stage, issues of purpose and ethics evaporate from within the human brain. “There is no answer to what’s good. So let’s leave the definition of ethics and purpose to a third party, such as a machine published as open source. The machine arbitrarily finds the purpose from the data and substitutes for the optimized behavior. It is a world that

ガラス張りで裏表のないデータ処理機械に従う、幸福な奴隷状態です」
「生きる目的」も機械が見つけてくれる
この「幸福な奴隷」段階に進むために、成田が提唱するのがEvidence-Based Goal-Making(証拠に基づく目的設定)モデルだ。
It’s a happy slavery that follows a glass-backed back-to-back data processing machine
The machine also finds out the “purpose to live”
To advance to this “happy slave” stage, Narita advocates the Evidence-Based Goal-Making model.

「データやエビデンスをどう使うか、という議論をする時、通常考えられるのは政策目標やKPIがすでに存在し、それを達成するためにデータやエビデンスを使って最適な手段を発見したり、手段を改善したりするやり方です。しかし、データやエビデンスを使って、目的自体を発見していくということが可能だと思うんです」。
“When discussing how to use data and evidence, it is usually thought that there are already policy goals and KPIs, and using data and evidence to find the best means or means to achieve that I think it is possible to use the data and evidence to discover the purpose itself. ”



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ