生きる目的や倫理は蒸発する 人類が行きつく「幸福なデータ奴隷」④


9分ほどの動画は一面の星空から始まる。単調なバックグラウンドミュージックに乗せて、無機質な男性の声が説明を始める。「利己的な台帳(selfish ledger)」と題されたこの動画は、グーグルの研究組織、Xでデザイン部門トップを務めるニック・フォスターらが16年に内部向けに作成。18年5月、ウェブメディアが動画を手に入れてオンライン公開すると、その刺激的な内容が物議を醸した。
A movie of about 9 minutes starts from one side of the starry sky. An inorganic male voice begins to explain on a monotonous background music. The video, titled “selfish ledger,” was created for internal use in 16 years by Nick Foster, a top design division at X’s research organization, Google. When the Web media grabbed the video and published it online in May 2006, the exciting content became controversial.

タイトルの「利己的な台帳」は、人間を「遺伝子を運ぶキャリアー」に例えたリチャード・ドーキンスの1976年の世界的ベストセラー『利己的な遺伝子』のオマージュだ。この動画で、人間が遺伝子の代わりに運ぶのは台帳、つまり行動に関する蓄積されたデータ。データは人々に共有され、次世代に継承される。いつしかデータを生み出す人間よりも、蓄積されたデータ自体が価値を持ちはじめる。
The title ‘selfish ledger’ is a tribute to Richard Dawkins’ 1976 world best seller ‘selfish gene’ which compared humans to ‘carriers carrying genes’. In this animation, what a human carries instead of a gene is a ledger, that is, accumulated data on behavior. Data is shared by people and passed on to the next generation. Accumulated data itself starts to be more valuable than the people who produce data forever.

特に不気味なのは、遺伝子情報を改変して新たな人類を作るように、データに基づいて行動を変え、人類を導くことができるのではないか? というくだりだ。例えばスマートフォンで、商品やサービスを選ぶ時、自動でその人やグーグルの価値観に合う選択肢が提案され、人々を一定の方向に導くことができる。
What is particularly creepy, is it possible to change human behavior based on data and guide humanity, such as modifying genetic information to create new humanity? It’s so good. For example, when choosing a product or service on a smartphone, an option is automatically proposed that matches the person’s or Google’s sense of value, and can lead people in a certain direction.

世代を超えて蓄積されたデータによって人々の行動や意思決定を正確に予測でき、健康や貧困などの人類の問題を解決できるかもしれない。成田は「露悪的で取り繕っていないところがいい。そして好奇心がやけに旺盛」と評する。これに刺激を受けた成田の「幸福なデータ奴隷」論は、到達までに三つの段階がある。現代は最初の「無自覚なデータ奴隷労働者」の段階だ。
Data accumulated across generations can accurately predict people’s actions and decisions, and may solve humanity issues such as health and poverty. Narita says, “It’s a bad thing and it’s a good deal. And the curiosity is full.” Narita’s “happy data slave” theory inspired by this has three stages to reach. The present is the stage of the first “unconscious data slave worker”.

KPIを与えられた太鼓持ちデータ分析者たちがデータ奴隷である一般の人々を最適に搾取する。
Taiko and data analysts who are given KPI optimally exploit the common people who are data slaves.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ