生きる目的や倫理は蒸発する 人類が行きつく「幸福なデータ奴隷」③


ビジネスや政治の現場で活躍する経済学者が増えていることについて、その一線にいる経済学者に聞こう、という趣旨で取材を申し込んだのが成田だった。しかし、そうした動きに対して、成田は冷ややかな反応だった。
It was Narita that I applied for coverage on the purpose of asking the economist who is in the line about the increasing number of economists active in the field of business and politics. However, in response to such movement, Narita was a cold reaction.

「個人的には残念だと感じています。政策の目的を決めるのは政治家や官僚で、彼らの政策目標を成し遂げるためのエビデンスを作りましょうというのが『証拠に基づく政策立案』ですね。企業の場合は、クリック率のようなKPIがあって、それにしたがって広告やアプリを改良していく。つまり、誰かが与えてくれた目的に乗っかって、それを最適化していく。太鼓持ちの下請けなんです。僕も含めて」
“I personally feel disappointing. It is politicians and bureaucrats who decide the purpose of the policy, and” provide evidence-based policy making “to create evidence to achieve their policy goals, right? In the case of a company, there is a KPI like clickthrough rate, and the ad or app is improved accordingly, that is, the goal given by someone is optimized and optimized. It’s a subcontractor, including me. ”

シカゴ大学法学部教授のエリック・ポズナーとマイクロソフト首席研究員のグレン・ウェイルが18年5月に発表した記事は、現代の経済学の問題点をこう説明している。
アダム・スミス、カール・マルクスといった19世紀の社会科学者は、政治学、経済学、歴史学、哲学、社会学など、社会科学が専門分野に分かれる前に横断的な理論を構築し、社会の変革をリードした。
An article published in May 18 by Eric Posner, a professor of law at the University of Chicago, and Glenn Wehr, a senior researcher at Microsoft, explains the problems of modern economics:
19th-century social scientists such as Adam Smith and Karl Marx built cross-cutting theories before social sciences were divided into disciplines, such as politics, economics, history, philosophy, and sociology, and Lead the change.

しかし、各分野はその後細分化され独立して発展。経済学では、1936年の『雇用・利子と貨幣の一般理論』で知られるジョン・ケインズを最後に、数理分析や実証的な研究が好まれるようになり、社会の見方(ビジョン)や価値観を変革するような理論構築は避けられ忘れられていった。現代のマルクスは今のところ見当たらない。
However, each field is then subdivided and developed independently. In economics, John Keynes, who is known for his “General Theory of Employment, Interest and Money” in 1936, is finally favored by mathematical analysis and empirical research, and so on with social perspectives (visions) and values Theory construction that would change the world was avoided and forgotten. The modern Marx is not found at the moment.

「クリック率や試験の点数といった目的に沿って最適化していても、社会を変える『やばい考え』は生まれません」。成田の「幸福なデータ奴隷」論は、実現すれば限りなく「やばい考え」だ。それを理解するためのヒントがグーグルが作成した動画だ。
“Even if you optimize for the purposes of CTR and exam scores, you won’t get a” thinking idea “to change society.” Narita’s theory of “happy data slaves” is an endless thought if it is realized. A hint for understanding that is a video created by Google.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ