生きる目的や倫理は蒸発する 人類が行きつく「幸福なデータ奴隷」②


デジタル・エコノミストという奴隷
成田の専門は因果推論・計量経済学。東京大学大学院修士課程修了後、米マサチューセッツ工科大学で博士号取得。サイバーエージェントの研究組織「AI Lab」や経済産業研究所でも活躍する。
A slave called a digital economist
Narita specializes in causal reasoning and econometrics. After completing a master’s course at the University of Tokyo, he received a doctoral degree from the Massachusetts Institute of Technology. Active in the cyber agent research organization “AI Lab” and the Research Institute of Economy, Trade and Industry.

成田のようなデジタル・エコノミストと呼ばれる経済学博士号保持者の採用が米テック企業で増えている。例えばアマゾンは150人を超えるエコノミストを採用していると言われ、同社のウェブサイトには42もの募集中のエコノミストのポジションが掲載されている(2019年1月7日現在)。
Recruitment of doctoral degree holders of economics called digital economists like Narita is increasing in US tech companies. For example, Amazon is said to have adopted more than 150 economists, and the company’s website lists the positions of 42 open economists (as of January 7, 2019).

アマゾンやグーグル、マイクロソフト、Airbnb、ウーバーといった大手企業だけでなく、中小規模のテック企業にもその動きは広がっている。優秀なエコノミストの雇用をめぐって企業間競争も激しくなっており、日本円で数千万から億単位とも言われる破格の給与が提示される学者もいるという。
The movement is spreading not only to major companies such as Amazon, Google, Microsoft, Airbnb and Uber, but also to small and medium-sized tech companies. The competition among companies is also fierce over the employment of talented economists, and some scholars are presented with an exceptional salary which is said to be tens of millions to billions of yen in Japanese yen.

なぜテック企業は経済学者をこぞって雇用するのか。デジタル・プラットフォームが普及し、広告オークションやマーケットデザインなどの分野で経済学の知識やスキルが応用できることが大きい。行動経済学を応用した消費者行動の分析から、オンライン広告の設計や収入予測、価格設定、事業買収、事業戦略など。テック企業のビジネスの根幹に関わる重要な役割を果たすようになっている。
Why do tech companies hire economists? With the spread of digital platforms, economic knowledge and skills can often be applied in areas such as advertising auctions and market design. From analysis of consumer behavior applying behavioral economics, design and revenue forecasting of online advertising, pricing, business acquisition, business strategy, etc. It plays an important role in the business foundation of tech companies.

経済学者にとっても、企業で働くことで現場の最新データにアクセスでき、実社会に直結する研究ができることは魅力的だ。ハーバード大学で教鞭をとりながらマイクロソフトで活躍した現スタンフォード大学教授スーザン・アセイのように、学術界での研究を続けつつ企業で活躍するケースも増えている。
For economists too, working in a company gives them access to the latest data in the field, and the ability to conduct research directly connected to the real world is attractive. Like Susan Asay, a professor at Stanford University who has been active at Microsoft while teaching at Harvard University, there are an increasing number of cases in which he continues to work in the academic world while doing research in the academic world.

ビジネス分野だけではない。17年の骨太方針で、日本政府は従来のOpinion-Based Policy-Making(意見に基づく政策立案)ではなく、政策の効果を定量的に評価するEvidence-Based Policy-Making(証拠に基づく政策立案)の推進を打ち出した。効果測定を通じて政策立案に関わる経済学者も多い。
Not only in the business field. Under the 17-year policy, the Government of Japan evaluates the effects of policies quantitatively rather than the conventional Opinion-Based Policy-Making (Evidence-based policy making). Launched the promotion of Many economists are involved in policy making through effect measurement.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ