起源①


彼はかつてそこにいた。

イェスという形をとっていないが、実在していた。

傍らで、Aは緊張と退廃と脱力感と戦いながら、その状況とも戦っていた。

彼はどこにいる?Aはどこだ?視点は存在するが、実態がない。

過去と現在と振動を繰り返して、ところどころで、その漂着地点を捜している。

ときに菩薩となって救いの道を説き、ときに御使いとして福音伝道を迫ってくる。



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ