東アジア、2万年以上前にコロナ流行の痕跡


(CNN)
東アジアで2万年以上前にコロナウイルスが流行していたとする研究結果が報告された。米豪共同の研究チームが世界各地に住む人々の全遺伝情報(ゲノム)を解析した。
Studies have reported that the coronavirus was prevalent in East Asia more than 20,000 years ago. A joint US-Australia research team analyzed the entire genetic information (genome) of people living around the world.

世界26カ所で計2500人あまりのゲノムを解析した結果、東アジアに住む人々の遺伝子に、コロナウイルスとの最も古い接触を示す痕跡が見つかった。
As a result of analyzing the genomes of more than 2,500 people in 26 locations around the world, traces of the oldest contact with coronavirus were found in the genes of people living in East Asia.

チームの研究者によると、ウイルスは一般に人間の細胞に乗っ取って増殖し、人間側の遺伝子はこれに応じて変化を起こす。その痕跡を数万年前までさかのぼって検出できるようになった。
According to the team’s researchers, the virus generally hijacks human cells and propagates, causing changes in human genes accordingly. It has become possible to detect the traces as far back as tens of thousands of years.

コロナウイルスに関連する変化は中国と日本、ベトナム国内の計5カ所で見つかった。チームは、各地で別々に起きた流行が東アジア全体に広がったとの見方を示す。
Coronavirus-related changes were found in a total of five locations in China, Japan and Vietnam. The team said the epidemics that occurred separately in each region spread throughout East Asia.

感染を経験して遺伝子が変化した集団は、コロナウイルスに打ち勝つ力をつけて生存競争に有利となり、長い年月を経て人口全体に占める割合が大きくなったと考えられる。
It is thought that the population whose genes have changed after experiencing infection gained the ability to overcome the coronavirus and gained an advantage in the competition for survival, and over the years, its proportion in the total population increased.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

このページの先頭へ