未来型ビジネスの街、アムステルダムのサーキュラーエコノミー ①


循環型経済「サーキュラーエコノミー」が、世界各国の行政や企業、スタートアップで急速に浸透しつつあり、その経済規模は2030年までに4.5兆ドルに上ると言われています。
The circular economy, the circular economy, is rapidly spreading among governments, businesses and startups around the world, and the economy is said to reach $ 4.5 trillion by 2030.

サーキュラーエコノミーとは、従来廃棄されていたもの、活用されていなかったものを「資源」と捉え、リサイクルシステムをビジネスに取り入れることで、環境にも経済にも持続可能性を持たせる新しい経済活動です。産業革命以降の経済モデルによる資源枯渇や環境汚染が深刻な状況の中、これからの社会に不可欠な新しい経済成長のモデルとして注目を集めています。
The circular economy is a new economic activity that brings sustainability to both the environment and the economy by treating what was conventionally discarded or not used as “resources” and incorporating the recycling system into the business. . With resource depletion and environmental pollution due to economic models after the Industrial Revolution being serious, we are drawing attention as a model of new economic growth that is indispensable to society in the future.

こうした状況で、欧州の中でも特に、行政、大企業やスタートアップが率先してサーキュラーエコノミーを進めているのがオランダ・アムステルダムです。今回は、この街に魅了され、近日中に拠点を移す予定の社会課題解決型Webマガジン「Earthackers(アース・ハッカーズ)」編集長 安居昭博さんに、その最新動向についてお伺いしました。
Under these circumstances, among the countries in Europe, the government, large companies and startups are taking the lead in promoting the circular economy in Amsterdam, the Netherlands. This time, I was interviewed by Akihiro Yasui, editor-in-chief of “Earhackers”, a social problem-solving Web magazine that is fascinated by this city and will move its base in the near future.

──Earthackersは、ドイツから世界中の「社会的課題 x ビジネス」のアイデアを発信されていました。今回、アムステルダムに拠点を移すことを決められた理由は?
2015年、アムステルダム市は、行政主導でサーキュラーエコノミーを推進し、2050年までに確立すると宣言。以来サーキュラーエコノミー移行のグローバルリーダーとして注目を集めている都市です。
EEarthackers had been sending out the idea of ​​“Social Challenge x Business” from Germany all over the world. Why did you decide to move to Amsterdam this time?
In 2015, the city of Amsterdam promotes the circular economy led by the administration and declares that it will be established by 2050. Since then, it has attracted attention as a global leader in the transition to circular economy.

実際に同市では、既にスタートアップから世界的に著名な大企業まで、サーキュラーエコノミーを体現する企業が数多く活躍しています。それらの情報を一早くキャッチし、そのモデルの知見を深め、それを世界に発信していきたいと考え、アムステルダムへの移住を決めました。
In fact, there are many companies in the city that embody the circular economy, from start-ups to large-scale global companies. I decided to emigrate to Amsterdam, hoping to catch that information quickly, deepen my knowledge of the model, and send it to the world.

Forbes Japan
ビジネス 2019/01/27 より



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ