未来型ビジネスの街、アムステルダムのサーキュラーエコノミー ⑤


──安居さんが今日穿いているジーンズも、サーキュラーエコノミーの概念で生み出されたプロダクトなんですよね。アパレル産業は、エネルギー産業の次に環境負荷が高い産業とも言われていますので、非常に気になります。
The jeans that Mr. Yasui wears today are also products that are produced by the concept of circular economy. The apparel industry is said to be the next to the energy industry and the one with the highest environmental impact, so it’s very interesting.

こちらは、MUD JEANS(マッド・ジーンズ)というブランドのもの。素材は契約農家から仕入れたオーガニックコットン100%で作られているので穿き心地がよく、最近いつも愛用しています。
This is from the MUD JEANS (Mad Jeans) brand. The material is made of 100% organic cotton purchased from contract farmers, so it is comfortable to wear and has always been favorite.

でも実はこれ、月800円でレンタルしているんです。購入者は一年後に返却して新しいジーンズと交換しレンタルを継続するか、そのまま買い取るかのどちらかを選べます。返却したジーンズはリサイクルされ、再び製品として生まれ変わります。これは、「5.サービスとしての製品」というビジネスモデルですね。
But in fact, I rent it for 800 yen a month. Buyers can choose to return one year later and exchange for new jeans and continue rental or buy as is. The returned jeans are recycled and reborn as products. This is a business model called “5. Products as a service”.

ファストファッションの影響もあり、近年ジーンズは安く買えるようになったのですが、マッド・ジーンズの調査によると、安いジーンズは耐久性がないため、購入後1年で80%が穿かれなくなってしまうそうです。
The influence of fast fashion has made it possible to buy jeans cheaply in recent years, but according to the survey of mud jeans, 80% of them can not be worn in a year after purchase because cheap jeans are not durable. That’s right.

それが続くと資源はどんどん消耗され、人々は物を大事にしなくなり、完全に悪循環に陥ります。マッド ジーンズのようなサブスクリプションモデルは収益的にも安定しますし、素晴らしいシステムですね。
If it continues, resources will be exhausted more and more, people will not take care of things, and will completely get into a vicious circle. Subscription models like Mad Jeans are stable on a profitable basis and a great system.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ