未来型ビジネスの街、アムステルダムのサーキュラーエコノミー ④


──新世代のリーダーたちによるスタートアップだけでなく、世界的企業のフィリップスなども、サーキュラーエコノミーの取り組みを行っているんですね。フィリップスは病院に医療機器を販売していますが、今までは「新しいモデルを開発しては買ってもらう」というビジネススタイルだったので、どうしても買い替え時には大量の機器の廃棄が発生していました。
Not only startups by new-generation leaders, but also global companies such as Philips are engaged in circular economy initiatives. Philips sells medical devices to hospitals, but until now it had a business style of “developing new models and getting them bought”, so when it was time to buy a new one, a large amount of equipment was discarded.

そこでサーキュラーエコノミーの観点を取り入れ、「商品の販売」の代わりにリース契約(サブスクリプション)による「サービスの販売」を始めたんです。リペアやメンテナンス、交換などのサービス提供を行うことによって、製品を長く使ってもらえるビジネスモデルに転換しました。
So, taking into account the circular economy’s point of view, instead of selling products, we started selling services through leases (subscriptions). By providing services such as repair, maintenance, and replacement, we have switched to a business model in which products can be used for a long time.

さらに、使用後ほぼ100%処分されていた医療機器の90%が、再びフィリップスの元に戻るような仕組みになっています。それにより同社は、その医療機器を再び別の病院にリースしたり、新しい製品の開発に繋げて再活用できます。その分「新しい資源に頼らないビジネス」が展開できるのです。
In addition, 90% of the medical devices that were almost 100% disposed of after use are designed to return to Philips again. The company can then lease the medical device back to another hospital, or re-use it to develop new products. That’s why we can develop “a business that does not rely on new resources”.

こうしたサーキュラーエコノミー事業は現在、フィリップスの全体収益のうち10%を支えるまでに成長しています。
売って終わりという一方通行から、売った後も継続的にビジネスを行うという循環型への発想変換により、新しい収益モデルを築いているところが理にかなっています。
These circular economy businesses are now growing to support 10% of Philips’ total revenue.
It is logical that a new revenue model is being built by converting ideas from one-way sales to end to continuous business even after sales.

アイデアと意思さえあれば、社会にも、企業や人にとっても良い循環は必ず生み出せるということを証明していますね。フィリップスに限らず、デルやヒューレット・パッカード、イケア、ネスレなどの大企業でもこうした取り組みはどんどん増えています。
If you have ideas and intentions, you prove that you can always create a good cycle for society, for companies and people. Not only Philips, but also large companies such as Dell, Hewlett Packard, IKEA and Nestle are increasing their efforts.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ