未来型ビジネスの街、アムステルダムのサーキュラーエコノミー ③


また、一般的なスマートフォンの製造に使用されているレアメタルは、それをめぐってアフリカで紛争が絶えません。このような紛争鉱物は武装勢力の資金源になることが多いのですが、フェアフォンに使用されている資源は、紛争原因にならない地域のものが使われており、すべての取引先がWebサイトで公開されています。
In addition, rare metals, which are commonly used in smartphone production, are in constant conflict in Africa. Although such conflict minerals are often used as a source of funding for armed groups, the resources used for fair phones are those in areas that do not cause conflicts, and all business partners use Web sites. It is published in.

たしかに最新のiPhoneに比べると機能面は劣りますし、安価な紛争鉱物を使用していないため、日本円で8万円ほどと手頃ではありません。また、Androidを使用しており現状アップデートができないため、4〜5年でアプリが使えなくなってしまう課題もある。それでもヨーロッパでは2013年の発売以来、これまでに13万台以上を売り上げ、現在も予約待ちになるほどの人気なんです。
It is certainly inferior to the latest iPhone in terms of functionality, and because it does not use cheap conflict minerals, it is not as affordable as about 80,000 yen in Japanese yen. In addition, since Android is used and current updates can not be made, there is also a problem that the application can not be used in 4 to 5 years. Nevertheless, since its launch in 2013 in Europe, it has sold more than 130,000 units so far, and it is so popular that it is still waiting for reservations.

──機能ではなくサーキュラーエコノミーのストーリーに興味を持つカスタマーが増えているのは印象的ですね。
次に紹介したいのは、2015年、100万人以上のシリア難民がヨーロッパに逃れてきた際に着用し、廃棄されていたライフジャケットを活用したPCケースです。ビジネスモデルとしては、「2.回収とリサイクル」に当たります。
It’s impressive that an increasing number of customers are interested in circular economy stories rather than features.
Next, I would like to introduce a PC case using the life jacket that was worn and discarded when more than one million Syrian refugees fled to Europe in 2015. As a business model, it corresponds to “2. Recovery and recycling”.

こちらは社会課題の解決を掲げるスタートアップのMakers Unite(メイカーズユナイト)が手掛けるプロダクト。彼らはただリサイクルして物作りを行うだけでなく、作り手として難民たちを起用することで、アムステルダムで新たな雇用も創出しています。
This is a product created by Makers Unite (Makers Unite), a startup that aims to solve social issues. They not only recycle and make things, but also create new jobs in Amsterdam by recruiting refugees as creators.

社会課題の解決から生まれたプロダクトというと少し身構えてしまいますが、このPCケース、単純にデザインがお洒落じゃないですか? 社会にとって良いものでも、デザインが良くないと消費者に手にとってもらえません。デザインも良くて、ソーシャルグッドなストーリーが詰まっていれば、こうしたプロダクトにありがちな価格の壁さえ簡単に乗り越えてしまうのが、興味深いところです。
I think that a product born from the solution of social issues is a little dreadful, but this PC case, isn’t it simply a fashionable design? Even if it is good for society, consumers can not get it if the design is not good. It’s interesting to note that with good design and socially good stories, it’s easy to overcome the price barriers that are common to these products.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ