難語66



泬寥

けつりょう

雲ひとつなく、晴れわたっているさま。 「 -たる春夜の真中まなかに、和尚ははたと掌を拍うつ/草枕 漱石」

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

このページの先頭へ