難語62



楚然

そ‐ぜん

 

あざやかなさま。
「緑りの枝を通す夕日を脊に…―として織り出されたる女の顔は」〈漱石・草枕〉

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

このページの先頭へ