日本人は別人になった?東京五輪を前にソウルからヨボセヨ


(産経新聞 黒田さん)
韓国の日本専門家からこんな発言があった。
東京五輪を前に日本であんなに反対があるのが不思議だ、新型コロナウイルスが理由のようだが、日本の感染状況は国際的にはそれほどひどくないのだし、国際的に約束した一大国際行事を今さら中止すべきだというのは日本人らしくないのでは、というのだ。
There was such a remark from a Japanese expert in South Korea.
It is mysterious that there is such opposition in Japan against the Tokyo Olympics, and it seems to be due to the new coronavirus, but the infectious situation in Japan is not so bad internationally, and it is said that it is not like the Japanese that one major international event promised internationally should be canceled now.

意見を聞かれたのでこう答えた。もう日本人は変わってしまった、国のためとか世界のためとかいっても動かなくなった、自分や身の回りの方が重要で「ガマンしてでも一致団結してオリンピックをやろう」とはならない、皆さんがよくいう日本の保守化というのは、日本人が内向きになってしまって自分以外のことは考えなくなったということだ。
I was asked for my opinion, so I replied: The Japanese has already changed, it has not moved even if it says for the country or the world, and I and the personal world are more important, and it does not become “Let’s do the Olympics united even if gaman is made”, and the maintenance of Japan that everyone often says is that the Japanese has become in the in-country and did not think about anything other than me.

韓国人にとって日本は過去、支配されたこともあっていまなお心理的に存在感は大きい。そこで日本が困ったり国際的に批判されたりすることを喜ぶ心理がある。
For Koreans, Japan still has a large psychological presence, partly because it was ruled in the past. Then, there is a psychology which is pleased that Japan is embarrassed and criticized internationally.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

このページの先頭へ