平成の日本から #ブラック企業 は減ったのか ⑤(電通の働き方は変わったのか)


――さて、新田さんが「日本のビジネス界を変えた出来事」と評した電通事件が起きてから3年がたちましたが、電通の働き方はどう変わっているのでしょうか。
– Well, three years have passed since Mr. Nitta said that “the event changed the business world in Japan”, but how has Dentsu working changed?

新田: 私が得ている情報では、電通の「働き方改革」は、部署によって全然受け止め方や進み方が違うとのことです。現在の電通では、午後10時に全館を消灯し、長時間労働を抑制する取り組みを進めていますが、官公庁を相手にしている部署は、もともと深夜や翌朝まで残業するケースがまれだったので、あまり変化はないようです。
Nitta: The information I am getting is that Dentsu’s “How to work in the workplace” depends on the way the department perceives and progresses. At present Dentsu, we are turning off the whole building at 10:00 pm and we are promoting efforts to suppress long working hours, but the department against government offices has rarely used overtime work until midnight or the next morning There seems to be no change.

一方、テレビCMなど大口の広告主を抱えている部署では、クライアントが「明日までにこれをやってほしい」などと夜に連絡してくるケースが依然としてあり、社員は残業をさせたくない経営層と、早く成果物を提出してほしいクライアントとの間で板挟みになり、かなり苦労しているようです。
Meanwhile, in a department that has large advertisers such as TV commercials, there are still cases where clients will contact at night such as “I want them to do this by tomorrow”, and employees do not want overtime workers It seems that it got pinched between a client who would like us to submit deliverables quickly and it is quite a hard time.

先ほど紹介したサイボウズやSCSKとは異なり、電通が古くからのクライアントとの付き合い方を変えるのはなかなか難しく、多少理不尽な依頼でも受けてしまう文化は依然として残っているようです。これも、顧客を“神様”だと捉える文化が根強く残っている日本社会の問題点だといえます。
nlike Cybozu and SCSK introduced earlier, it seems that Dentsu is hard to change how to associate with old clients, and cultures that will receive even somewhat irrational requests still remain. This can also be said to be a problem of Japanese society where the culture that sees customers as “God” persists deeply.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ