平成の日本から #ブラック企業 は減ったのか ④(働き方改革が中小企業から始まった理由)


――なるほど。なぜ当初は業界トップの大企業ではなく、中堅・中小企業や2番手以降の企業が労働環境を見直し始めたのでしょうか。
–I see. Why did not initially be the industry’s top large enterprise, mid-sized and medium-sized enterprises and companies second or later began to review the working environment?

新田: 大企業は内部の課題を改善しなくても、ブランド力に引かれて多くの社員が集まってきますし、ある程度は商品やサービスが売れるからです。そのため、労働環境の改善を喫緊の課題として捉えている大企業が少なかったように思います。
Nitta: Even if large corporations do not improve internal issues, many employees are gathered by the brand power, and to a certain extent goods and services are sold. Therefore, I think that there were few large companies that regard the improvement of the working environment as an urgent issue.

一方、中堅・中小企業や2番手以降の企業は、魅力的な労働環境を用意しないと、従業員が集まってきません。ですので、一時的に業績に影響は出ますが、深夜に「明日の朝までに仕上げてくれ」と依頼してくるクライアントを切ったり、「当社は営業時間内にしか受注しません」と周知徹底を図ったりし、労働時間を減らすことで、魅力ある職場をつくる方向に舵を切ったのです。
Meanwhile, for medium- and medium-sized enterprises and companies after the second place, employees will not gather unless an attractive work environment is prepared. So it will temporarily affect the business results, but I cut off a client that asks me to finish “tomorrow morning” at midnight or “We will only accept orders within business hours” We tried thorough efforts and we reduced the working hours and steered the direction to create an attractive workplace.

こうした取り組みがうまくいき、ブラック企業から脱却した例は、ソフトウェアメーカーのサイボウズや、システムインテグレーターのSCSKなどが挙げられます。各社は無理難題を押し付けてくる顧客との関係を解消するなどした一方で、新規開拓を図ったり、優良な既存顧客との関係性を深めたりし、現在は働きやすい人気企業となっています。
Examples of such efforts that succeeded, such as software maker Cybozu and system integrator SCSK, are examples of getting out of black companies. While eliminating the relationship with customers who are pressing impossible difficulties, each company has become a popular enterprise that is now easy to work, aiming for new development and deepening relationships with excellent existing customers.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ