平成の日本から #ブラック企業 は減ったのか(完)(残業ありきのビジネスモデルは捨てるべき)


――かつて大きな批判を集めたワタミの労働環境がここまで改善されていたとは驚きました。ですが、減ってきたとはいえ、現在も長時間労働が常態化しているブラック企業は少なからず存在します。こうした企業は、どうすれば労働環境を改善できるのでしょうか。
– I was surprised that the working environment of Watami, which once gathered great criticism, has been improved so far. Although it has decreased, there are not a few black companies that long working hours are now in a normal state. How can these companies improve the working environment?

新田: 経営者が覚悟を決め、正しい方法で利益を生み出せるビジネスモデルを構築し直すべきです。「うちの社員は遅くまでバリバリ働きます」「うちは夜に来た依頼を朝までに終えます」といったうたい文句を耳にすることもありますが、そういった企業はサービスや商品の品質で顧客から選ばれているわけではなく、「丸投げすればいつでも仕事をしてくれる」と軽く見られているだけです。
Nitta: Management should reconsider and rebuild a business model that can generate profits in the right way. Sometimes we hear a phrase such as “Our employees work late until the end” and “We will finish the request that came at night by morning”, but such companies are chosen from customers by the quality of services and goods It is not only that it is lightly seen that “if you round it you can always work.”

残業はソリューションではありません。19年は働き方改革関連法が施行され、残業規制がさらに厳しくなるので、こうした企業はますます立ち行かなくなると予想します。
Overtime is not a solution. In 19 years, laws related to worker reform are enacted and overtime restrictions become even more severe, so we anticipate that these companies will become increasingly unwilling to go.

マネジメントの観点からも、残業することでしか成果を出せない人が上司になっても、同じような部下しか育てられないでしょう。こうした負の連鎖を断ち切るためにも、残業をしない前提で成果を生む仕組みを考え出すことが、真の「働き方改革」だといえます。
Even from the viewpoint of management, even if a person who can achieve results only by working overtime becomes a boss, only the same subordinates will be raised. In order to cut off such a negative chain, it can be said that it is true “working way reform” to come up with a mechanism that produces results on the premise that you do not overtime.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ