平成の日本から #ブラック企業 は減ったのか ②(平成トップクラスの“ブラック企業”)


――ここまでは18年の“ブラック企業事件”について振り返ってきましたが、少し目線を変えて、平成の30年間で印象に残っている事件についても聞かせてください。
– Up to this point I looked back on the “black company incident” in 18 years, but please let me know a little about the incident that has remained in the impression in 30 years of Heisei.

企業体質、コンプライアンス管理、カネの流れに問題がある、広い意味で“ブラック”な企業が引き起こした事件も含めると、「リクルート事件」「雪印集団食中毒事件」「東京佐川急便事件」「ライブドア事件」「村上ファンド事件」「三菱自動車リコール隠し事件」などでしょうか。本当に多くの事件がありましたね。
Including incidents caused by corporate constitution, compliance management, flow of money, in a broad sense, “black” companies caused, “Recruit Incident”, “Snow Brand Collective Food Poisoning Incident”, “Tokyo Sagawa Kyubishi Incident”, “Livedoor Incident” “Murakami Fund Incident”, “Mitsubishi Motor Recall Hidden Case” etc.? There were really many incidents.

労働環境に問題がある、一般的な“ブラック企業”が引き起こした事件としては、「名ばかり管理職」という言葉が広まる契機になった「日本マクドナルド割増賃金請求事件」も忘れられません。
As an incident caused by a general “black company” with a problem in the working environment, I can not forget the “Japanese McDonald’s extra wage incidents” that triggered the spread of the word “nominative manager”.

ただ最も印象に残っているのは、15年に電通で新入社員が過労自殺したことです。この問題を機に、大企業を含むビジネス界全体が「働き方を変えないとマズイ」と危機感を感じましたし、国も働き方改革関連法の制定に乗り出しました。
The most impressive thing is that the new employee committed suicide by overworking in Dentsu in 15 years. Based on this problem, the whole business world including large companies felt a sense of crisis as “Masui if we do not change how to work”, and the country has also started to establish laws related to reforming workers.

また、それまで社会全体に残っていた「多忙な大企業では過労死はたまにあってもおかしくない」「過労死する人は忙しいことを分かっていて入社したのだから仕方ない」といった概念が、明らかな間違いだとして認識されるようになりました。
Moreover, the concept such as “It is useless because a person who is overworked deeply knows that he is busy because he knew that he was busy” is apparent It came to be recognized as a mistake.

電通以外では、精密機器大手のオリンパスが行っていた、産業医とぐるになった不当解雇問題が特に悪質でした。上司が取引先の社員を不正に引き抜こうとしていたことに気付いた社員が、社内のコンプライアンス相談窓口に相談したところ、窓口の担当者が、あろうことか上司本人に相談があった旨を漏らしたことに起因する事件で、7~8年前に大きな批判を集めました。
Besides Dentsu, Olympus, a major precision equipment giant, was particularly vicious, with the unfair dismissal problem that came about as an industrial physician. An employee who noticed that the boss was illegally pulling out the employee of the business partner consulted the in-house compliance consultation window, but leaked that the person in charge at the window would consult with the boss himself / herself In the case caused by what happened, we gathered great criticism seven to eight years ago.

上司はその後、窓口に相談した社員に対し、しつこく「(メンタル不調に陥っているので)産業医の面談を受けてほしい」などと指示。産業医は上司と裏で手を組んでおり、受診した社員に「重度のうつ病だから退職すべき」などと誇張した診断を下し、合法的に会社から追い出そうとしました。その後、オリンパスは社員から訴えられ、敗訴しています。
My boss then instructs employees who consulted at the window, “I’d like you to receive an interview with an industrial physician (because I am in mental health)”. The industrial physician hands with the boss behind the scenes and tried to lawfully kick out the company from the company by making an exaggerated diagnosis that the employee who visited consulted should “retire because it is severe depression“. After that, Olympus was sued by employees and lost.

この事件は、企業と産業医の関係性に焦点が当たるきっかけとなりました。産業医の中には、本業でしっかりと実績を残し、企業と対等な立場で契約を結んでいる医師もいますが、中にはそうではなく、本業がもうかっておらず、食いつなぐために産業医をやっている医師もいるのです。後者は生活がかかっているので、企業の言いなりになって“ブラック”な所業に手を染めかねないことが、この事件で明らかになりました。
This incident triggered a focus on the relationship between companies and industrial physicians. Some industrial physicians have a solid track record in the main business and some doctors have a contract with the company in an equal footing but some are not so and their main business is not living and they are not industrialized Some doctors are doctors. As the latter is life-threatening, this case revealed that the company could take action on “black” jobs as it became compliant.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ