起源④


今日は、バベルの塔にお住まいの、とらぬ狸さんにも付き添っていただきたい。

とにかく、時間をさかのぼるというか、さかくだるというかとにかく、どんどん時間が進んでいきますと、宇宙は膨張を続けて発散していくようです。

その後、静かな宇宙となって空間の物質密度というのは0に限りなく近づき、その温度というのは絶対零度付近になるようですが。

また、その後再び収縮を始め限りなく収縮を続け、もとのビッグバンのときの一点に収縮し、ブラックホールのなかですべての物質は、この空間からおさらばするというか、はみだしてしまうというか。

宇宙の中でたくさんの小宇宙ができまた消えてゆくというインフレーション宇宙。

とらぬ狸さんも私も、落ち着くところがなかなかないのです。

Today, I’d like to accompany a famous unknown Tanuki who lives in the tower of Babel  .

As time goes back and forth, or time goes on and on and on and on and on and on and on, the universe continues to expand and diverge.

After that, it became a quiet universe and substance density of the space approaches 0 as much as possible, I think whether that temperature is near absolute zero.

It is also possible to assume that the shrinkage starts again afterwards, continues to shrink as much as possible, it contracts to one point at the time of the original big bang, and all the substances in the black hole separate from this space.

Then the question arises that where the famous inflation universe that many microcosms in the universe can be made and disappears will be connected.

Neither Toronaga nor I have a place to settle down.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ