起源 ⑥


無はないのではないかと思う。

有と無、存在と否存在。無がないとは、なんらかの形で存在(空間と時間)というものがあり、存在は決して無にはならず、なんらかの形に変遷して存在するのではないか。

物質が空間のなかに取り込まれ、内包した空間として存在する。

質量を内包した空間の構造は、時間とともに変遷するが無になることはないのではないか。

存在はあるが、無はないということが僕の考え。

死は世界を感じるセンサーを失っただけで、無になるわけではなくて、宇宙に同化し、宇宙とともに変遷し次の形をつくっていく、無には決してならない。

もう一つ、無限について。

無限の空間はあるか?数学上?の無限は∞と書けるが、その∞が確定したならば、それ以上のものを考えなくてはならない。

t⇒∞でX⇒∞とする。t⇒∞で、存在者があるX=Nの空間を認識したときには、Nを超えるN´が存在してしまう。

あたりまえだ。    💋✨🌙☀💥



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ