女性科学者は少ない?しかし、女性研究者が支配的な科学研究の分野がある! ①

コンピューターサイエンスの学位取得する女性は全体のわずか18%にとどまり、科学やテクノロジーなどの分野に進む女性の少なさが指摘されています。科学研究でも基本的には女性研究者よりも男性研究者が大勢を占めるのですが、行動神経内分泌学は「女性研究者が過半数である」という珍しい分野であり、なぜこのような逆転が起こっているのかを心理学博士号を持つニコール・バラン氏が記しています。
Only 18% of women acquire a degree in computer science, and it is pointed out that there are few women who go to fields such as science and technology. Even in scientific research fundamentally male researchers occupy more than female researchers, but behavioral neuroendocrinology is an unusual field that “female researchers are majority” and why such a reversal has occurred Written by Mr. Nicole Baran who has a doctorate in psychology whether he is doing it.

科学・技術・工学・数学を指す「STEM」の学術分野における女性の割合は、全体として34.4%にとどまることが2015年に報告されています。多くのSTEM分野で男性の研究者が多数を占めており、生物学に関連した博士号は男性よりも女性が取得する割合が多いにも関わらず、同分野における女性の助教授はわずか18%となっています。
It is reported in 2015 that the proportion of women in the academic field of “STEM” that refers to science, technology, engineering and mathematics will remain only 34.4% as a whole. Male researchers in many STEM fields occupy the majority, and women’s assistant professors in the field are only 18%, despite the fact that women obtain more biology-related doctorates than men It is getting.

一方、このような傾向が当てはまらないのが、行動神経内分泌学の分野です。行動神経内分泌学では女性教授の割合が全体の58%で、過半数を占めています。性差の研究を行う組織(OSSD)の年次ミーティングでは登壇者の70%が女性で、また団体の代表も女性研究者が務めているとのこと。
On the other hand, this is not the case in behavioral neuroendocrinology. In Behavioral Neuroendocrinology, the proportion of female professors accounts for 58% of the total, accounting for a majority. In the annual meeting of the organization that studies gender difference (OSSD), 70% of the speakers are female and the representatives of the group are female researchers.

しかし行動神経内分泌学も、最初から女性研究者が多数存在する分野だったわけではありません。1965年に「West Coast Sex Meetings」と呼ばれる行動神経内分泌学のミーティングがスタートしたとき、研究者はほぼ男性だったといいます。また著名な動物行動学者であるフランク・A・ビーチ氏すら女性蔑視を隠そうともせず、「ラボに卵巣を入れることはない」と宣言していました。
However, behavioral neuroendocrinology was not a field where many female researchers exist from the beginning. When a meeting of Behavioral Neuroendocrinology called “West Coast Sex Meetings” began in 1965, the researcher says that he was almost a male. Frank A. A beach, a prominent animal behaviorist, even declared that he would not hide female contempt and would “put no ovaries in the lab”.

by Gigazin

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ