女性科学者は少ない?しかし、女性研究者が支配的な科学研究の分野がある! (完)

レアーマン氏は、自分の研究によって「母親や介護者としての役割と女性との結びつき」が本能的なものであるとする科学的正当化を減らせると理解していました。これは、レアーマン氏がオスとメスが平等に子育てを行うアフリカジュズカケバトの研究を行っていたことからもみてとれます。
Mr. Lehrman knew that his research could reduce the scientific justification of saying “a role as a mother or a caregiver and a woman” is instinctive. This can also be seen from Mr. Rahmann conducting research on African juzukekebato which male and female raising children equally.

またレアーマン氏は積極的に女性研究者を雇い入れ、仕事に対して平等に賃金が払われるように尽力しました。女性研究者のメンタリングにも力を入れており、レアーマン氏のもとで、数多くの女性研究者が活躍することになりました。レアーマン氏の教え子で行動神経内分泌学学会(SBN)の代表を務めるコロンビア大学の心理学者ラエ・シルバー氏は「ダニーは男性が支援されるのと同様に、女性のキャリアが支援されるよう、尽力していました。
Mr. Lehrman actively hired female researchers and worked hard to pay wages equally for work. We are also focusing on mentoring female researchers, and under the leadership of Mr. Learman, a number of female researchers have become active. Mr. Lae Silver, a psychologist at Columbia University, who is representative of Behavioral Neuroendocrinology Society (SBN) at Mr. Lehrmann, said, “Danny is working hard to support women’s careers just as men are supported was doing.

当時、これはありふれたことではありませんでした」と語っています。レアーマン氏が死去する2カ月前に、連邦教育法第9編で「連邦の補助金や助成を受ける教育機関での性差別を禁じること」が定められました。これによって女性差別を公言していたビーチ氏でさえも、女性研究者を受け入れざるをえなくなったわけです。
At the time, this was not commonplace. ” Two months before Mr. Lehrmann died, the Federal Education Act 9th edition stipulated “prohibit sex discrimination in educational institutions receiving federal subsidies and subsidies”. Even Mr. Beach, who professed discrimination against women by this, became unable to accept female researchers.

このように、複数の要素が絡みあうことにより、行動神経内分泌学の文化は変化してきました。科学分野での女性に対する地位向上の動きは2018年現在でも続いています。近年、SBNやOSSDのメンバーは実行主義を取ることが多く、生物医学の分野において性差における効果の違いを分析することを求めるようNIHにポリシー変更を要請しました。ポリシーが変更されたことで、女性の健康を促進することができたとのこと。
In this way, the culture of behavioral neuroendocrinology has changed due to the entanglement of multiple elements. Movement towards women’s position in the science field continues even in 2018 as usual. In recent years, members of SBN and OSSD often take executionism and requested NIH policy change to seek analysis of differences in effect on sex difference in biomedical field. He said he was able to promote women’s health by changing policy.

また、レアーマン氏のアイデアを受け継ぎ、ジェンダーやセクシュアリティといった考え方がホルモンに影響を与える可能性についても研究が行われています。なお、この研究を行っているサリヴァン・アンダーズ氏は、皮肉にも「Frank A. Beach Young Investigator Award(フランク・A・ビーチ若手研究奨励賞)」を受賞しているとのことです。
In addition, the possibility that the idea of ​​gender and sexuality influences the hormone is inherited from the idea of ​​Mr. Lehrmann is being studied. Mr. Sullivan Anders who is conducting this research is ironically also awarded “Frank A. Beach Young Investigator Award” (Frank · A · Beach young research promotion award).

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ