女性科学者は少ない?しかし、女性研究者が支配的な科学研究の分野がある! ③

例えば、インディアナ大学の教授でありキンゼイ・インスティテュート代表のスー・カーター氏は、神経系におけるオキシトシンが社会的つながりの中で重要な役割を果たしていることを示しましたが、カーター氏は出産をきっかけとしてオキシトシンの研究をスタートさせています。カーター氏が研究を行うまでオキシトシンが脳にインパクトを与えるとは誰も考えていなかったことからも、「女性が参入することによって現在の行動神経内分泌学が作られた」といえるわけです。
For example, Mr. Sue Carter, a professor at the Indiana University and representing the Kinsey Institute, showed that oxytocin in the nervous system plays an important role in social connections, but Mr. Carter triggered childbirth We are starting research on oxytocin. Even though no one thought that oxytocin will have an impact on the brain until Carter’s research, “With the entry of women, it can be said that the current behavior neuroendocrinology was created”.

女性の数が増えると、行動神経内分泌学には女性研究者を歓迎する文化が作られていき、「女性が男性と平等に扱われる」という環境に多くの研究者が魅力を感じるようになりました。
As the number of females increases, culture that welcomes female researchers to behavioral neuroendocrinology is made and many researchers are fascinated by the environment that “women are treated equally with men” It was.

そして、女性研究者と共に活躍したダニエル・S・レアーマン氏のようなフェミニストの存在も忘れるべきではありません。当時、ドイツの行動学者であるコンラート・ローレンツ氏は「人の行動は本能的生来的遺伝的なものである」という主張を行っていましたが、レアーマン氏はこの考えを批評し、「人の行動は複雑であり、生物学的要素と環境の相互作用によって作られる」と主張しました。レアーマン氏は科学研究で初めて、2人の人間の相互作用が互いの行動やホルモンを変えるということを示しました。
And we should not forget the existence of feminist like Daniel S. Rareman who was active with female researchers. At the time, German behavioral scholar Conrad Lorenz was making a claim that “human behavior is instinctive, innate, genetic,” but Criticism of this idea, ” Human behavior is complicated and it is made by interaction between biological elements and the environment. ” Mr. Lehrmann showed in scientific research for the first time that the interaction between two humans changes each other ‘s behavior and hormones.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ