大腸がんのゴッドハンド医師 「早期発見なら100%治せる」①


病気は罹ってから治す》──これまでの医療は、患者に明らかな症状が現われるまでは「経過観察」し、体に不調が現われてから治療を行なうことが多かった。医師も患者も「薬を飲んだり手術を受けたりすれば、病気が治る」と考えていたからだ。
Illness will cure after it suffers “─ ─ In previous medical treatments,” follow – up “until the appearance of obvious symptoms in the patient, treatment was often carried out after the disorder appeared in the body. Both the doctor and the patient thought that “If you take medicine or undergo surgery, you will get better.”

だが、症状を薬で抑えようとすれば、進行しているほど服用する量は増え、手術による体の負担も増えてしまう──これが世界的に問題視されている。新潟大学医学部名誉教授の岡田正彦医師がこう話す。
However, if you try to suppress symptoms with medicine, the amount you take as much as you go is increased and the burden on your body by surgery also increases – this is a problem globally. Okada Masahiko Doctor of Emeritus Professor Niigata University School of Medicine talks as follows.

「米国の研究では、『薬の副作用』で毎年10万6000人が命を落としていると推計されています。また、『本当はやらなくてもよかった手術』のせいで年1万2000人が亡くなるとの報告もある。病気を治すための手術やが、患者の命を脅かす“リスク”になってしまっているのです」
“In the US research, it is estimated that 106,000 people lose their lives every year in the” side effects of drugs. “Also, 12,000 people die each year due to” operation that did not have to be done really ” Surgery and medication to cure illness have become a “risk” that threatens the patient’s life. ”

そこで始まったのが、「超・早期発見主義」への一大転換だ。病気は罹ってからの時間が長いほど“治療のリスク”が増す。ならば、超早期に発見して可能な限り治療開始を早めることで、リスクを減らそうという考え方である。
So it was a big change to “ultra-early detectionism“. The longer the time the illness is affected the “risk of treatment” increases. If so, it is the idea of ​​reducing risk by discovering it in an early stage and advancing treatment as early as possible.

それを支えるのが最新の検査法と、病気を「見つける名医」の“神業”だ。詳細は後述するが、「大腸がん」は「ステージI(大組織にがんが到達している状態)」よりもさらに早期であり従来の検査では捉えることが難しかった「ステージ0(がんが表面のにとどまっており、組織まで到達していない状態)」で発見できるようになったことで、ほぼ100%治るようになった。
Supporting that is the latest inspection method and the “doctor” of “a doctor who finds the disease”. Although details will be described later, “colorectal cancer” is earlier than “stage I (cancer reached the tissue of the large intestine)” and it was difficult to grasp in the conventional examination “stage 0 It has become almost 100% cured by being able to discover it in the state that it has remained in the mucous membrane of the surface and has not reached the tissue).

がんに限った話ではない。最新検査によって、通常の検査よりも数か月から数年早く発見できたり、発見精度がこれまでより飛躍的に向上している。患者は、手術を受けたり薬を飲み続けたりすることによる肉体的・精神的な負担や、高額な医療費への不安から解放される。
It is not limited to cancer. By the latest examination, it can be found several months to several years earlier than usual examination, and the finding accuracy has dramatically improved over the past. Patients are relieved of physical and mental burdens due to surgery and continuing to drink medicine and anxiety about expensive medical expenses.

週刊ポスト2018年11月16日号



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ