大腸がんのゴッドハンド医師 「早期発見なら100%治せる」②


超・早期発見が大切と聞くと「毎年人間ドックを受けているから私は大丈夫」と安心する人がいるかもしれないが、岡田医師はこう指摘する。
「人間ドックの検診は万人に向けた“基本セット”で生活習慣や体質といった個人差を考慮した“オーダーメードメニュー”ではありません。例えば、がん検診を受ければ、すべてのがんを早期発見できるわけではない。自分の健康リスクや生活習慣に応じた検査でなければいけないのです」
When asking whether ultra / early detection is important, there may be people who feel secure with “I am safe because I am receiving a human dog every year”, Okada points out.
“The checkup of a human dog is not a” custom-made menu “considering individual differences such as lifestyle and constitution in the” basic set “for all people For example, if cancer screening is received, all cancers can be found at an early stage We do not have to do inspections according to our health risks and lifestyle practices. ”

◆大腸がん検査のゴッドハンドが操る500倍内視鏡の精度
「早期に発見できれば、100%治せる。大腸がんでは患者を死なせません」
絶大な自信を見せるのは、大腸がん検査の第一人者で昭和大学横浜市北部病院消化器センター長の工藤進英医師だ。これまで30万件以上の大腸内視鏡検査を行ない、「内視鏡のゴッドハンド」と呼ばれる。
500-fold endoscope accuracy handled by God hand of colorectal cancer examination
“If you can discover it at an early stage, you can cure 100%, colon cancer will not let patients die.”
Showing great confidence is the leading examiner of colorectal cancer examination and Shigehide Kudo, the head of digestive system center of Showa University Yokohama Northern Hospital. We have performed over 300,000 colonoscopic examinations so far and are called “endoscope god hand”.

大腸がんは日本人が罹患するがんの1位で、年間約15万人が発症する。死亡数は2位(女性は1位)で、年間約5万人が亡くなる。一方で早期発見さえできれば助かる確率も高く、ステージIで発見した場合の10年生存率は、90%を超える。厄介なのは「陥凹(かんおう)型」と呼ばれるタイプのがんだ。
Colorectal cancer is the number one cancer affected by the Japanese, and about 150,000 people develop annually. The number of deaths is second (women are No. 1), about 50,000 deaths per year. On the other hand, if you can find out early, there is a high probability of being saved, and the 10 year survival rate when you discover it in stage I exceeds 90%. The troublesome thing is cancer of the type called “depressed type”.

「このタイプは病変が凹んでいるため便に触れることがなく、大腸がんの典型的な初期症状である血便が生じないため、『便潜血検査』や肛門からバリウムを入れて撮影する『注腸X線検査』、『大腸CT検査』では確認が困難です。それでいて通常の大腸がんの3倍の速度で進行するので、発見が遅れるほどリスクが増します」(工藤医師)
“Because this type does not touch the feces because the lesion is dented, because there is no stool which is a typical initial symptom of colorectal cancer,” fecal occult blood test “or taking a barium from the anus” taking note Intestinal X-ray examination “,” colon CT examination “, it is difficult to confirm, but it progresses at 3 times the speed of normal colorectal cancer, so the risk increases as the discovery is delayed.” (Doctor Kudo)



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ