夢を持たずに働く「万華鏡型キャリア」のすすめ ①


Forbes JAPAN
中竹 竜二 , OFFICIAL COLUMNIST

「5年後の目標はある?」
上司との定期面談でそう聞かれて、すぐに答えられる人はどのくらいいるだろうか? もし、同じ質問をされたら、正直、私はうまく答えられない。
“Are there goals in five years?”
How many people can be answered soon when asked at regular interviews with their boss? If I ask the same question, honestly, I can not answer well.

おそらく、この手の質問に迷いなく言葉が出る人は、今どき少ないように思う。変化スピードが年々速く感じられる世の中において、“中長期的な将来のキャリアプラン”について具体的に考えることがあまり意味を持たないということを、誰もがうっすらと感じているのではないだろうか。
Perhaps, I think that few people will definitely come up with words on this question. In the world where change speed is felt every year fast, does not everyone feel that it is not meaningful to concretely think about “future medium and long term career plan”?

5年後、10年後に向けた計画がそのまま実行できた時代には、地上から特定の星を目指して突き進むような“望遠鏡型”のキャリア展開が可能であったし、推奨されていた。
In the era when the plan for five years and ten years later was able to be carried out as it was, it was possible and possible to develop a “telescope type” career that pushed towards a specific star from the ground and was recommended.

しかし、今は“万華鏡型”のキャリア展開をイメージしたほうがいいと言われている。つまり、遠くの星を追いかけるのではなく、目の前に見える一つの模様が起点となって、水平方向に広がっていくキャリアである。
However, it is said that it is better to image the career development of “kaleidoscope type” now. In other words, instead of chasing distant stars, it is a career that starts as one starting point in front of you and spreads horizontally.

万華鏡の模様は見方を変えるだけで形を変え、隣の模様同士が合わさって、また新たな模様を形成していくアート。偶然の出会いが思わぬチャンスを生んで、ボランティアや複業といった社外活動が本業とのシナジーを生む過程と、とても似ている。
The design of the kaleidoscope changes shape only by changing viewpoint, arts next to each other combine, and form a new pattern. It is very similar to the process by which accidental encounters create unexpected opportunities, and external activities such as volunteering and compound work create synergies with the main business.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ