夢を持たずに働く「万華鏡型キャリア」のすすめ (完)


未熟な子どもに本気で夢を語らせようとするならば、時間をかけてじっくりと本人が自分の内面に向き合うプロセスが必要になる。加えて、周囲もそれなりのサポートをしなければならないはずだ。だが、突然授業の一環で出た問いの背景には、そこまでの環境も大人たちの覚悟も感じられなかった。
If you try to make an immature child seriously tell a dream, you will need the process of taking your time to face your inner face carefully. In addition, you should support the surroundings accordingly. However, suddenly as a part of the class question, I did not feel the environment or the groping of adults in the background.

もちろん、サッカー選手の本田圭佑さんのように、子どもの頃からセリエAで背番号10を背負って活躍するという夢を明確に描き、その通りに実現できる人もいるだろう。それは本当に素晴らしいことだし、そうした生き様に憧れるのは当然だと思う。しかし、それはごく稀なケースであり、なかなか思うようにはいかないのが現実だ。
Of course, like the soccer players Keisuke Honda, some people can clearly draw the dream of playing with backing number 10 on Serie A as a child and can be realized as it is. That is really wonderful, I think it is natural to admire such a way of life. However, it is a very rare case, and it is a reality that it can hardly be thought of.

多くの若者は「大きな夢」を語らなければならないプレッシャーに押しつぶられてしまうかもしれない。少なくとも、街中に生きる人の大半は、行き当たりばったりで人生を選択し、流れ流されて今ここにいるのではないか、というのが私の感覚だ。そして、それでいいじゃないかと心から思っている。
Many young people may be pushed by pressures that must tell “big dreams”. At the very least, my feeling is that most of the people who live in the city choose the life at random and they are flowing down and being here now. And I am sincerely wondering whether that is OK.

そろそろ「夢を描け」というプレッシャーから、大人も子どもも解き放たれたほうが、のびのびとやりたいことが見つかるのではないかと思っている。無理やり夢を語ろうとすればするほど、嘘の自分を作り上げることになる。
It is about time that I think that it is better to find out what I want to do from time to time by releasing adults and children from the pressure of “drawing a dream”. The more you forcibly try to talk about your dreams, the more you will make yourself lie.

夢を描くことに一生懸命になる代わりにやるべきことは、ありのままの自分を観察したり、再認識したりすることではないだろうか。
今日、どんな行動をして、何を感じたか。その振り返り積み重ねにしか、明日の一歩を踏み出すヒントはない。
Instead of trying hard to draw a dream, what should be done is to observe and recognize ourselves as usual.
What kind of behavior did you feel and what you felt today? There is no hint to take the first step of tomorrow only in its accumulation of reflection.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ