夢を持たずに働く「万華鏡型キャリア」のすすめ ②


キャリア論の世界では昔から「Planned happenstance theory(計画的偶発性理論/計画された偶発性理論、スタンフォード大学のクランボルツ教授らによる)」が提唱されてきた。「個人のキャリアの方向性を決める要因として、偶発的な出来事が大半を占め、その偶然を引き寄せる計画が重要になる」というこの理論が、今再び脚光を浴びている。
In the world of career theory has long been advocated “Planned happenstance theory (planned incidental theory / planned randomness theory, Professor Cranbolz of Stanford University etc.)”. This theory that the majority of incidental events account for the direction of personal career orientation and plans to attract that coincidence become important is now in the limelight.

では、望遠鏡型キャリアから万華鏡型キャリアへと変わろうとしている時代背景を知った上で、こう言われたらどう感じるだろう。
「時代は変わってきている。だから、将来の目標はぼんやりでも構わない。その代わり、目の前のことに本気で打ち込んでみよう」
Then, how do you feel when you are told by saying this background knowing the era when you are about to change from a telescope type carrier to a kaleidoscope type career.
“The time is changing, so it’s OK if we can go ahead with our future goals instead, let’s try driving seriously in front of us.”

それでもなお「本当に大丈夫なのか?」と不安を抱く人がいるかもしれない。当然だと思う。なぜなら、私たちは子どもの頃からさんざん“夢を持つことはいいことだ”と教わってきたからだ。それも、夢は大きいほど素晴らしい、と評価されるのが一般的だった。
Nevertheless, some people may be worried that “Are you sure it’s okay?” I think it is natural. Because we have taught that it is good to have a dream “Since I was a child.” Even so, it was common that a dream is rated as great as great.

ただ、周りと比べて冷めた子どもだった私は、大人たちのこの期待にいつも疑問を持っていた。中学時代には、「将来の夢を書きましょう」という授業に違和感をもち、担任の教師だけでなく校長にまで議論を投げかけたこともあった。
However, as I was a cold child compared to the surroundings, I always had doubts on this expectation of adults. In junior high school, there was a feeling of incongruity in the lesson “Let’s write a future dream”, and we also discussed discussions not only to the homeroom teacher but also to the principal.

「今は将来のことより、目前に控えたラグビーの県予選のことしか考えられません。どうしても勝ちたいから。だから、夢はその後に考えたいです。いま夢を強いて書くなら、僕は将来普通の暮らしがしたい。それしか思いつきません」
“Right now I can only think about the preliminary race for the rugby who was ahead of me in the future, so I really want to win, so I’d like to think about my dream afterwards. I want to live a life, I can only think of it. ”

嘘をついてでも、例えば「医者になって、アフリカの子どもたちを助ける」のような大きな夢を語ると褒めてもらえるかもしれない、と心の中では思っていた。ただし、思ってない夢を語り、安心し合うのは、中学生ながら「善」ではないと感じていた。
Even though I tell a lie, I thought in my mind that it might be praised to talk about big dreams like “Become a doctor and help African children”. However, I felt that it was not “good” as a junior high school student who talks about unexpected dreams and reassures them.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ