地球は「小氷河期」に向かっている? Heading to the small ice age? (完)


1850年まで続いた「小氷河期」と類似
Similar to the “small ice age” that continued until 1850

AMOCの流れが弱まると、特に北米やヨーロッパの気候に影響を及ぼす。AMOCは熱帯地方で暖められた海水を北に運ぶ役割を持っていて、この仕組みがなくなれば北米やヨーロッパの北の気温が今よりも下がっていく。
When the flow of AMOC weakens, it affects climate, especially in North America and Europe. AMOC has a role to carry seawater warmed in the tropics to the north, and if this mechanism is lost, the temperatures in North America and North of Europe will be lower than now.

AMOCは地球の気候が激変することを防ぎ、全体に熱が均等に配分されるような働きをしている。そのためこの仕組みがなくなると、地球の気候も変動する
AMOC prevents the climate of the Earth from suddenly changing and works to evenly distribute heat to the whole. Therefore, when this mechanism disappears, the climate of the Earth also fluctuates.

現在の状況は1300~1850年頃まで続いた小氷河期と似ていると学者たちは指摘する。この時ヨーロッパには厳寒が訪れ、飢餓や干ばつ、そして広範囲での人口減が起きた。この小氷河期の原因はまだ判明していないが、北大西洋の北部にある氷が溶けだして海洋循環が弱まったことが原因だとする説が有力だ。
Scholars point out that the current situation is similar to the small ice age that lasted from 1300 to 1850. At this time, cold weather came in Europe, starvation, drought, and widespread population decline occurred. Although the cause of this small ice age has not yet been found, the theory that it is caused by the weakness of the ocean circulation that the ice in the northern part of the North Atlantic melts down is powerful.

現代の科学をもってすれば長期的な気候変動にも対応できるが、経済や人々の暮らしに多大な影響が及ぶことになる。今後も注意深く観測を続け、未来を予測するしかないだろう。
With modern science, we can respond to long-term climate change, but it will have a great impact on the economy and people’s lives. We will continue to observe carefully in future and forecast the future.

from Forbes JAPAN
編集=上田裕資



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ