地獄のドミナント戦略で、“変態セブン”が生まれた! ②

●終わりの見えない闘いの中で
そこへ加えてこのドミナント戦略が、オーナーたちにとって恐ろしいのは、ライバルの出店も加速させることだ。商圏を独占しようというセブンの動きを、ライバルもただ指をくわえて見ているわけにはいかない。よく競合コンビニが仲良く並んでいる風景を見かけると思うが、あれはドミナントに「くさび」を打ち込んでいるのだ。
● In the battle where the end can not be seen
In addition to this, the dominant strategy is terrifying for the owners is to accelerate the opening of rivals. It is impossible for rivals to just look with fingers in mind as Seven moves to monopolize the commercial area. I think that you often see the landscape where competing convenience stores are lined up, but that is driving “domestic” wedges into dominant.

FC本部からすれば店舗は「陣取りゲーム」の「駒」のようなものなので、どこかでドミナントの動きがあれば、そこへわっと敵味方の「駒」が集められる。結果、光に寄せ集められる虫のように、ライバル店やセブンオーナー仲間が一堂に会して、誰が生き残れるかというコテコテのレッドオーシャンが繰り広げられるというわけだ。
From the FC headquarters, the store is like a “chess” of “campaign game”, so if there is a movement of dominant somewhere, the enemy ally “cotton” will be gathered there. As a result, as opposed to insects gathered by light, rival shops and seven owner companions meet together and Kotecote’s Red Ocean will spread out as to who can survive.

このような“ドミナント地獄”にハマって、心身ともに疲弊しているセブンオーナーは少なくない。そして、動画での、あの能天気そうな立ち振る舞いとまったく結びつかないが、変態セブンも人知れずこの地獄の中でおびえ、悩んでいた可能性があるのだ。
先ほど、件の店舗の2キロ強圏内には10のセブンがひしめき合っていると述べたが、実はここまで増えてきたのはこの数年のことだ。まず16年2月、直線で700メートルほどの場所に新規店舗がオープン。ほどなく、変態セブンの店舗もリニューアルオープン。翌17年8月には直線でおよそ1.7キロのところにも新規店舗ができている。
There are not many Seven owners who are hungry for such “dominant hell” and are exhausted both physically and mentally. And, it does not tie at all with the behavior that seems to be that noh weather in the movie, but the transformation seven is also scared of in this hell, and there is a possibility of being suffering.
I mentioned earlier that 10 sevens are crowded with each other within two kilometers of the stores, but in fact it has been up to this time in the last few years. In February 16, a new store opens in a straight line at about 700 meters. Soon, the transformation seven stores are renewed open. In August 17, 2005, a new store is also established in a straight line around 1.7 km.

このようにセブンが商圏を圧倒しようという動きがあれば、ライバルも当然動く。昨年5月には店からおよそ200メートルのところにファミリーマートが出店。今年1月には約500メートル離れたロケーションにローソンがオープンしている。
つまり、変態セブンは2年半前くらいから、セブンとライバルが織りなす「ドミナント地獄の真っ只中に放り込まれていた」状況だったのだ。
If there is a movement that seven will overwhelm the commercial area like this in this way rival also moves naturally. Family mart opened in May last year at about 200 meters from the store. Lawson is opened in January this year at a location about 500 meters away.
In other words, the transformation seven had been thrown into the midst of the dominant hell that Seven and his rivals wove from about two and a half years ago.

コンビニオーナーが最も恐れるのは、隣近所にコンビニがオープンすることだというのは言うまでもない。しかも、ライバルだけではなく、「仲間」まで自分のテリトリーを侵しにやって来るのだ。変態セブンが、人知れず孤独と恐怖に襲われていたのは間違いない。
だから、チャックから指を出したり、わいせつな言葉を投げかけたりするのは大目に見ろ、などと言いたい訳ではない。この終わりの見えない闘いの中で、オーナー店長は「モラル」や「善悪の判断」が壊れてしまったのではないか、という可能性を申し上げているのだ。
It goes without saying that the convenience store owner is most afraid that convenience stores open in the neighborhood. Moreover, it comes not only to rivals but also to “villagers” to violate their territory. There is no doubt that hentai seven had been attacked by loneliness and fear unknowingly.
Therefore, it is not a want to say that it is okay to take a finger out of the chuck or cast an obscene word. In this invisible struggle, the owner manager tells us the possibility that “moral” and “judgment of good and evil” have broken.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ