地獄のドミナント戦略で、“変態セブン”が生まれた! (完)

●「壊滅的な危機の前兆」と捉えるべき
● It should be regarded as “a precursor of catastrophic crisis”

就任前、アルバイト従業員と同じように現場に入って、実際に働いた澤田社長はこんなことをおっしゃっている。
「痛感したのが、現場の負担が危機的なまでに高まっている現実です。もう染み渡るように分かりますよね。特に人手不足は本当に深刻です」(日経ビジネス 2017年11月7日)
Prior to taking office, President Sawada who entered the site just like a part-time employee and actually worked, said such a thing.
“The fact is that the burden on the site is rising to a crisis, the reality is rising, so it seems like we are getting stuck in. Especially the lack of manpower is really serious.” (Nikkei Business November 7, 2017)

コンビニ業界における現場の負担が危機的な状況が高まる中で現れた変態セブン。これを「世の中にはとんでもないバカがいたね」という話で済ませるのか、それとも「壊滅的な危機の前兆」と捉えるべきか。
第2、第3の変態セブンが登場する日も、そう遠くないのではないか。
A transformation seven that appeared in a situation where the burden on the workplace in the convenience store industry was growing crisis. Should I do this with the story “Is there such a ridiculous idiot in the world” or as a “precursor to a devastating crisis”?
The day when the second, third transformation seven appears, is not it far?

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ