地獄のドミナント戦略で、“変態セブン”が生まれた! ④

組織やビジネスモデルの危機
Organization and business model crisis

なぜこんなことが平気でできたのかというと、彼らが男性のことを無意識に「奴隷以下」の扱いしていたからだ。FC本部やエリアマネージャーにとって、コンビニオーナーは「頑張れ、頑張れ」と尻を叩く「奴隷」である。ならば、その下で働く従業員がどんな存在だったのかは説明の必要もあるまい。
The reason why such a thing can be made clear is that they were unconsciously dealing with men ‘under slavery’. For FC headquarters and area managers, the convenience store owner is a “slave” that hits the butt, “Do your best, do your best”. Then, there is no need to explain what kind of employees worked under that.

このようにフランチャイズシステムを「奴隷制度」だと捉えると、変態セブンが長年放置されてきたことも説明がつく。本部にとってセブンオーナーという「奴隷」に求めるのは、ドミナント戦略の「駒」として自分の持ち場をしっかりと死守してくれることだ。それさえやってくれていれば、「奇行」や「セクハラ」のクレームが多少あっても、それほど大きな問題ではなかったのではないか。
If you view the franchise system as “slavery system” like this, you can also explain that transformation seven has been neglected for many years. For headquarters, seeking a “slave” called a seven owner is to securely defend your own place as a “piece” of dominant strategy. Even if it did it even if there were some complaints of “eczema” and “sexual harassment”, it was not that big problem.

企業の危機にアドバイスをするという仕事柄、変態セブンのようにモラルが壊れてしまった人や、その類の話はよく耳にすることが多い。これまでの経験では、こういう人が現場に登場するときは、組織やビジネスモデルが退っ引きならない危機が迫っているという印象だ。
I often hear stories about jobs that advise companies’ crisis, people who have broken morals like metamorphosis sevens, and the like. In my experience, when these people appear on the scene, the impression that organizations and business models are not deductible crisis is impending.

例えば、かつて隆盛を極めたサラ金大手・武富士では崩壊直前、現場の人間が債務者リストを持ち出すというモラルハザートが横行した。最近でも「宅配クライシス」と大騒ぎになる前は、佐川急便のドライバーが突然ブチ切れて、運んでいた荷物を執拗(しつよう)に蹴り飛ばす衝撃映像が流れた。
For example, in Sarah Kim giant Takefuji who used to prosper, the moral hazard that a person in the field brings out a debtor list rampant just before the collapse. Recently even before the fuss about “home delivery crisis”, the driver of Sagawa Express suddenly broke away, and the shocking video flashed the kicking off the luggage being carried away.

組織やビジネスモデルの危機は、現場の壊れっぷりから分かるものなのだ。
セブンも少し前、店員が女性客に対して「温めますか?」と聞いたところ、「うん」と答えたことが態度が悪いと激高し、「お願いしますとか言うのが当たり前だろうが」と説教をする動画が公開され、大きな話題となった。
The crisis of the organization and the business model is understood from the breakdown of the site.
A while ago a little while ago, a clerk asked a female customer “Do you warm it?”, Where answering “yes” is bad, the attitude is bad and it gets drastic, “It is natural to say A movie preaching “is released, it became a big topic.

それはお店の人をわざと怒らせておもしろ動画をあげる風潮が、みたいなことを言う人もいる。確かにそういうくだらないことをする人たちがいるのも事実だが、コンビニの現場が危機的状況にあることは、業界の一角をなすファミマの澤田貴司社長も認めている。
Some say that it seems like a trend that deliberately offends people in the shop to give funny videos. It is true that there are certain people who do such silly things, but Famima Takahiro Sawada, president of the industry, also acknowledges that the convenience store site is in a crisis situation.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ