地獄のドミナント戦略で、“変態セブン”が生まれた! ③

●コンビニのフランチャイズシステムのひずみ
Distortion of convenience store franchise system

分かりやすいのが、大阪のファミリーマート2店舗かけ持ちで、1日15時間労働をして亡くなった男性の遺族が、本部と店舗オーナーに損害賠償を求めて訴えた事件だ。16年に和解が成立したが、注目すべきはこのブラック環境に追いやられた男性のため、店の手伝いをした妻と長女のこの言葉だ。
It is easy to understand that the bereaved families of Osaka prefecture male who had worked for 15 hours a day with 2 Family Mart stores in Osaka prefecture asked headquarters and store owners for damages. Although a settlement was established in 16 years, the remarkable thing is that of the wife and the eldest daughter who helped the shop for the man who was driven to this black environment.

「時間に追われて仕事をして、寝たと思ったらまた仕事。思考できなくなった」(産経WEST 2016年12月29日)
24時間の「便利さ」を当たり前のように提供し、さらに質の高い接客までが求められるコンビニで、本気でそれを実現しようと思ったら、やらなくてはいけない仕事は際限がない。そんなハードワークが人手不足でブラック化すれば、人間が「壊れる」のは当然なのだ。
“I got worked after hours and worked again when I thought I went to bed. I could not think” (Sankei WEST Dec 29, 2016)
In a convenience store that offers 24 hours of “convenience” as usual, if you want to make it even more serious at a convenience store, there is no end to work that you must do. If such hard work is blackened due to lack of personnel, it is natural that people “break”.

ならば、わずか2年あまりで隣近所に次々とコンビニができて、心身共に追いつめられたオーナー店長が、常軌を逸した「奇行」に走ることがあってもおかしくないのではないか。
このようなドミナント地獄に象徴される、コンビニのフランチャイズシステムのひずみが、そこで働く者たちの人間性を崩壊させることは、何も筆者だけが言っていることではなく、さまざまな元オーナーやFC本部にお勤めだった方たちも認めていることだ。
Then, it is not surprising that the owner manager who was chased by both mind and body, after only two years in a convenience store in the neighborhood one after another, runs to the “ecstatic” which is out of ordinary.
The distortion of the convenience store franchise system, symbolized by such dominant hell, collapses the human nature of those who work there, not only what the author alone says, but various original owners and FC headquarters People who worked at us are also admitted.

例えば、土屋トカチ監督の『コンビニの秘密 ―便利で快適な暮らしの裏で』というドキュメンタリー映画がある。タイトルの通りに、我々が享受している「便利さ」が何を犠牲にして成り立っているのかが非常によく分かる内容なのだが、そこで興味深いのは、作品中に大手コンビニの法務部に勤めていた男性が登場し、フランチャイズシステムについてこんなことをおっしゃっていることだ。
For example, there is a documentary film “Director Tsuchiya Tokachi’s Secret of Convenience – Behind a Convenient and Comfortable Life”. As the title suggests, it is very easy to understand what “convenience” we enjoy is sacrificed, but the interesting thing is that I work for the legal department of a major convenience store during the work A male appeared and said that about the franchise system.

「一言で言うと、奴隷制度とか、人身御供システム」
どきつい表現だと思うが、実は見事に本質を突いていることが、先ほどのファミマのケースをみれば分かる。
8カ月で4日しか休みがもらえずなくなった男性は、幾度となくオーナーや本部に自分の窮状を訴えていたが、返ってきたのはこんな血も涙もない対応だった。
『オーナーは「自分は病身なのにこんなに働いている。もっと頑張れ」ととりつく島もなく、本部から派遣されるスーパーバイザーも改善策を講じなかったという』(同上)
“In a nutshell, slavery or a person-in-person system”
I think that it is a tight expression, but indeed it is clear that if you see the case of Famima earlier, you are striking the essence.
A man who only got four days off in eight months and who has not been able to take a break for four days appealed his own plight to the owner and headquarters several times, but it was such a bloodless response that came back.
“The owner says,” There are no islands that say that “I am working as this but I am working so much, so do my best” and the supervisor dispatched from the headquarters did not take any improvement measures “(ibid)

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ