困難こそが人生を彩る (完)


グリット力」と「自己内省力」の両立
──3つ目の「自己内省力」についてはいかがでしょうか?
「自己内省力」とは、何か課題が起きた時に、原因を自分の外側に探すのではなく、自分の内側に探す力です。
Mixing “grit power” and “self-saving energy
── What about the third “self-reliance”?
“In-house labor saving” is the ability to search inside yourself instead of looking for the cause outside yourself when something goes wrong.

これは起業家というよりも、世の人みんなに言えることですが、「過去」と「他人」は変えられないけれど、「未来」と「自分」は変えられます。なので、どんなピンチでも、原因を自分の中に見出すことが重要です。
This is not a matter of entrepreneurs but to everyone in the world, but you can change “past” and “other people”, but “future” and “myself” can be changed. So, in any pinch, it is important to find the cause inside of you.

例えば誰かが辞めてしまった時に、「あのメンバーが悪い」と言っていると、必ず同じ課題が将来繰り返されます。そうではなくて、「これは組織・経営者の課題があるのではないか」と、自分自身を省みれば、変革のチャンスに変えられるわけです。
For example, when someone has quit, saying “that member is bad,” the same issue will always be repeated in the future. Otherwise, if you look at yourself, you can turn it into an opportunity for change, saying, “Is this an issue for organization and manager?

このように、すべての課題は自分からスタートする、という意識で世の中を見ることができれば経営者は楽しくなるし、ひいては周りのメンバーも楽しくなります。
──自らの変化を恐れない姿勢は、先ほどの「ビジョンは変えてもいい」という言葉と通ずる部分がありますね。
In this way, if we can see the world with all our awareness of starting ourselves, our management will be enjoyable and eventually the surrounding members will be enjoyable as well.
── There is a part that communicates with the word “Do not be afraid of change” by the word “vision can change”.

起業家は頑なな人が多い気がします。自分が正しいと信じたやり方を何がなんでも貫き通さないといけない、と考えがちです。その頑固さも大事なことなのですが、「グリット力」と「自己内省力」は両立されてはじめて機能するものです。もし、自分の信じるやり方が間違っていると判断したときには、すぐに変化させるのも重要な素養です。
I feel that many entrepreneurs are stubborn. I tend to think that anything must be carried through whatever way I believe it is correct. That stubbornness is also an important thing, but “grit power” and “self-saving labor” are both functions that are compatible. If you decide that your way of believing is wrong, it is also important to change immediately.

まずは「ビジョン構築力」でゴールを定める。ビジョンに描いたゴールにたどり着くための道のりは、つねに「自己内省」を繰り返して成長させながら、その時々で正しいと信じた道を「やりきる」こと。
これが成功する起業家にとって重要な素養だと思います。
First of all, we set a goal with “vision building ability”. The way to arrive at the goal depicted in the vision is to “rewind” the road that he believes is correct at each time while constantly growing “self-reflection“.
I think this is an important nutrition for successful entrepreneurs.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ