困難こそが人生を彩る 起業家に必要な3つの素養とは? ②


困難こそが起業家の人生を彩る
──「やりきる」ためには、やはりビジョンが重要になってくるのでしょうか?
そうですね。「ビジョン」がないと困難にぶつかった時にやめてしまいます。そのため、重要なのは、「うまくいくこと」ではなくて「やりたいこと」から事業をスタートすることです。
Difficulties color life of entrepreneurs
── In order to “get to the point”, is vision becoming important again after all?
I agree. I will give up when I encounter difficulties without vision. For that reason, it is important to start the project from the “things you want to do” rather than the “things that work.”

ただし、ここで気をつけなくてはいけないのが、「ビジョンは途中で変えても良い」ということ。真面目な起業家ほど、最初に描いたビジョンの字面に固執してしまう傾向があります。こだわるべきはビジョンの字面ではなくて、何故それを成し遂げたいのかという理由の部分。その理由が深ければ深いほど、周りの人が共感するし、自分自身が諦めない源泉にもなります。
However, what you have to be careful about here is that “vision can be changed on the way.” Serious entrepreneurs tend to stick to the faces of the vision that they first drew. The part of the reason why we want to accomplish it is not the face of vision but to stick to. The deeper the reason is, the more people around you sympathize with it, it also becomes the source that does not give up.

一見、乗り越えられないような大きな困難にぶつかったとき、どのような気持ちで挑むことが大切でしょうか?
起業家にとって困難は、その先に待つ感動のためのスパイスであり、その先には素晴らしい世界が待っている、と保証してあげるのが起業家の役割でもあります。
At first sight, when you encounter such big difficulties that you can not overcome, what kind of feelings should you challenge?
The difficulty for entrepreneurs is the spice for the impression waiting ahead and it is also the role of entrepreneurs to guarantee that a wonderful world is waiting ahead.

例えば、ゼロから信頼をつくりあげて初めてお客様を獲得したとき。資金繰りを乗り越えて初めて社員を雇ったとき。困難であればあるほど、その先に得る感動は大きく、忘れられない体験になります。
困難があるからこそ人生は楽しいし、乗り越えた体験が、起業家の人生を彩ると思っています。
For example, when acquiring a customer for the first time after creating trust from zero. When hiring an employee for the first time overcoming cash flow. The more difficult it is, the greater the impression of getting ahead will be an unforgettable experience.
Life is fun because there is difficulty and I think that the experience got over it will color the entrepreneur’s life.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ