元難民が創業、チャットボットが「かかりつけ医」になる日 ①


英国発のスタートアップ、バビロン・ヘルスが提供する医療相談チャットボット。英国民保健サービスやルワンダが採用、米国やアジアでの展開もしている。
Startup from the UK, medical consultation chat bot provided by Babylon Health. UK citizen health services and Rwanda are adopted, and they are also deployed in the United States and Asia.

身体の不調を感じた時、まずは医師ではなくチャットボットに相談、必要なら医師とのビデオチャットや医療機関での診察を予約。処方薬を近所の薬局で受け取ることもできる─。アリ・パルサが創業したバビロン・ヘルスは、乱立するヘルステック企業の中で「最も近未来的な」医療サービスを提供する。
When I feel sickness of my body, I first consult a chat bot instead of a doctor, if necessary, I will reserve a video chat with a doctor or consult a medical institution. You can also receive prescription medicine at a local pharmacy. Babylon Health, founded by Ali · Parsa, will provide “most futuristic” medical services among the mingling Health Tech companies.

同社はAIに数百万ドルを投資。目指すは「人間の医師の脳」の再現だ。平均点がおよそ72%とされる英国の家庭医学会の試験で、同社のAIは81%を取得した。
The company invested millions of dollars in AI. The aim is to reproduce “the brains of human doctors”. According to a study by the UK Family Medical Association, whose average point is about 72%, the company’s AI acquired 81%.

すでに一部の医師の仕事は同社のチャットボットに置き換えられている。大口顧客の一つ、英国民保健サービス(NHS)。ロンドン北部で2万6000人以上が同社のサービスを家庭医替わりに登録。さらに2万人が順番待ちリストに名を連ねる。
Some doctor’s work has already been replaced by the company’s chatbot. One of the major customers, the British National Health Service (NHS). More than 26,000 people in northern London registered their company ‘s services instead of home medicine. A further 20,000 people will be on the queue waiting list.

NHSからバビロン・ヘルスに払われるのは、患者一人当たり年間平均80ドル。普通の医療機関と同程度だ。以前はそういった医療機関にNHSから支払われていた2650万ドルがバビロン・ヘルスに割り当てられることになる。利用者のうち実際に医師とビデオチャットをするのは15%ほど。パルサは「医療アクセスを向上し、最終的に医療費の抑制につなげられる」と話す。
The NHS pays Babylon Health an average of $ 80 per patient per year. It is about the same as ordinary medical institutions. Previously, 26.5 million dollars paid by NHS to such medical institutions will be allocated to Babylon Health. About 15% of users actually video chat with doctors. Pulsa says, “We can improve medical access and ultimately lead to suppression of medical expenses.”

Forbes JAPAN 2018年11月号」
文=パルミー・オルセン



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ