僕がそこへ行く理由 (第7回:初日からストライキ(MSF))


2回目の派遣はインドネシア東端の小さな島、アロル島でした。はしかで多くの子どもたちが亡くなっていたため、国境なき医師団が島中の子どもたちに予防接種を行なっていました。
2回目の派遣でチームリーダーになることは異例でしたが、スーダンでの反省を生かせるならと考え、引き受けることにしました。
The second dispatch destination was a small island in the eastern end of Indonesia, Arol Island. Because measles and many children died, medical doctors without borders were vaccinating children in the island.
Although it was unusual to become a team leader by the second dispatch, I thought that I could take advantage of reflections in Sudan and decided to take over.

首都ジャカルタから飛行機と船を乗り継いで約24時間、ようやく現地入りして最初に聞かされたのは、現地スタッフがストライキに入ったということでした。活動はすでに予定から1ヵ月の遅れが出ており、遅れを取り戻すよう厳しく言われていました。
About 24 hours after transferring an airplane and a ship from the capital Jakarta, the first thing he heard when entering the site was that the local staff entered a strike. Activity has already been delayed for a month from the schedule and it was strictly told to regain the delay.

地球の果てのような小さな島でストライキという歓迎を受けたことには面食らったものの、幸いスーダンで得た教訓が生きていました。それは、スタッフと話すこと、理解し合うことは活動を成功に導く上で最も重要な要素であるということです。僕は翌日からスタッフの家を一軒一軒歩いて回り、直接話を聞きました。
Fortunately, the lesson learned in Sudan was alive, although being surprised to be welcomed as a strike on a small island like the end of the earth. That means that talking to and understanding with staff is the most important factor in driving activities to success. I walked around the house of the staff one day from the next day and listened to the story directly.

アロル島は小さな島でしたが、島内の道路状況はひどいもので、車で行ける範囲はわずか。20人のスタッフの家を回るのに1週間を要しました。それでも一人一人と話をしたことで、彼らがストライキをしている理由を理解し、可能な対応策を示すことができました。20人のうち15人は仕事の再開を約束してくれました。
Although Aroru was a small island, the state of the road inside the island is terrible, and the extent that it can go by car is only slight. It took a week to go around the house of 20 staff members. Nevertheless, having talked with each person, I understood the reason why they are striking and I was able to show possible countermeasures. Fifteen out of twenty people promised to resume work.

人数は減りましたが、仲間への敬意をより重んじるチームになっていました。南海の島での大冒険はチームづくりから始まりました。
Although the number of people decreased, it became a team that respected respect for friends more. The great adventure on the Nankai Island began with team making.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ