僕がそこへ行く理由 (第6回:マイゴマの笑顔(MSF))


結果、チームの中にわだかまりが生まれ、気がつくと僕は孤立してしまいました。チームリーダーは帰国を勧めましたが、僕は首を縦に振らず、赤ちゃんを救うため、違うアプローチを受け入れました。現地スタッフには英語と片言のアラビア語でできるだけ声を掛けました。
As a result, bruises were born in the team, and when I noticed I was isolated. The team leader recommended return home, but I accepted a different approach to shake the baby without shaking the head vertically. I spoke to the local staff as much as possible in English and Arabic one word.

指示を出しても舌打ちされて気落ちすることもありましたが、オムツを換えないスタッフがいれば自分で換え、時間の許す限り率先して、抱っこや授乳、沐浴(もくよく)を行いました。赤ちゃんのベッドに一つずつ名札をかけ、赤ちゃんを名前で呼ぶよう促しました。大人用の点滴は量が多く危険なため、料理用計量カップで使用前に捨てる量を測りました。
Even if I gave instructions, I was caught in a tongue and felt sorry, but if there were staff who did not change diapers, I changed myself, I took the lead, breast-feeding, bathing (fighting) as much as time permitted. I put a name tag one by one on my baby’s bed and encouraged me to call my baby by name. Because the amount of intravenous drip is large and dangerous, we measured the amount thrown away before use in the measuring cup for cooking.

助かる赤ちゃんが徐々に増えてくると、孤児院の中に赤ちゃんやスタッフの笑い声が広がり始めました。帰国前、スーダンの舌打ちが「了解」を意味すると知りました。
僕の赴任時に100人だった孤児院の赤ちゃんの数は帰国時には250人を超えていました。
As babies become increasingly gradually increasing, laughter of babies and staff began to spread in the orphanage. Before returning home, I learned that the tongue of Sudan means “comprehension“.
The number of babies in an orphanage who was 100 people when I took office exceeded 250 at the time of my return.

半年で100人近い赤ちゃんをみとり疲れ果てて帰国する僕に「お前がいなかったら何倍も死んでいたはずだ」と声を掛けてくれたのは僕に帰国を促したリーダーでした。
It was a leader who urged me to return to the country who told me that “I had been many times dead if you were not with me” to me who took away nearly 100 babies in half a year and returned home.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ