僕がそこへ行く理由 (第12回:ハッピバースデーツーユー(MSF))


2003年、国境なき医師団(MSF)での初の活動に向かう僕は夢の実現に有頂天で、2歳の誕生日を控えた長男のことさえ後回しだったように思います。そして赴任1ヵ月で孤立した僕の元に、突然日本にいる妻から電話がかかって来ました。妻が「ちょっと待って、すぐ代わるから」と言ったもののなかなか出ないため、「忙しいから切るよ」と伝えたその時、電話の向こうから子どもの歌声が聞こえて来ました。
In 2003, heading for the first activity at the MSF without borders I was ecstatic in realizing my dream, I think that even the eldest son who had refrained from his 2nd birthday was postponed. And one month later I got a phone call from my wife in Japan who was isolated. As my wife said “I will wait a minute, it will be replaced soon”, but I heard that the voice of the child was heard from the other side of the phone at that time saying “I am busy because I am busy.”

「ハッピバースデーツーユー、ハッピバースデーツーユー・・・」
その日が自分の誕生日だと知り、人目もはばからず泣きました。妻が「お父さんが出発してからずっと練習してきたんだよ」と。おしゃべりもまだろくに出来ない息子が僕のために歌ってくれたこと、根気強く教えた妻への感謝があふれました。あの歌がなかったらスーダンを逃げ出していたかもしれません。
“Happy Birthday to You, Happy Birthday Two …”
I knew that the day was my birthday, I cried without eyeball. My wife said, “I have practiced since my father started.” I still can not speak well My son was singing for me, thankfully for my wife who patiently taught me. I could have escaped Sudan without that song.

2014年、エボラ出血熱の対応のためシエラレオネに出発する日。静岡駅のホームまで見送りに来た3人の子どもたちは僕が新幹線に乗り込んでもふざけ合っていました。事の重大さを理解できないのだなと感じていた時、出発のベルが鳴りました。すると笑顔だった小2の長女の表情が一変し必死に何かをこらえていました。そして、ドアが閉まった瞬間、せきを切ったように泣き出しました。
In 2014, the day I leave for Sierra Leone to respond to Ebola hemorrhagic fever. Three children who came to see me to the home of Shizuoka station were playing around even if I got on the bullet train. When I felt it was impossible to understand the seriousness of things, the departing bell rang. Then the facial expression of the eldest daughter of Small 2 who was a smile changed completely and he felt something desperately. And the moment the door closed, I burst into tears as if I cough.

2人の息子も泣き出しました。彼らは僕を気持ちよく送り出そうと必死に明るく振る舞っていたのです。親が至らないと子どもたちは立派に育つようです。家族の支えなしには活動を続けてこられなかったと実感しています。
The two sons also burst into tears. They acted desperately brilliantly to send me pleasantly. Children seem to grow well if parents do not arrive. I realize that I could not continue my activities without my family’s support.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ