④ 僕がそこへ行く理由 (第3回:最も弱い人たちのために働く(MSF))


医師としての進路に悩みながらも得することばかり考えていた僕が、恩師に「損をすると思う方を選びなさい」と言われたからといってすぐに変われたわけではありません。ただ、少なくとも損得を離れて、好きな子どもを相手にできる仕事、小児科医の道に進むことを決めました。
It was not changed soon after I was worried about my career as a doctor but I was thinking about my teacher to say “Choose who would think to lose” because I was told. However, at least I decided to leave my profit, to work with my favorite child, to go to the path of a pediatrician.

損得に重点を置かないと、それまでの迷いが嘘のように消えてとても気が楽になり、研修を受ける病院などもどんどん決まりました。そして、医師として第一歩を踏み出す病院に向かうため、飛行機を待っていた空港で、僕にとって大切な二つ目の出会いに恵まれました。
If we do not put emphasis on the loss, the lost story disappears like a lie and it became very easy and the hospitals etc to receive the training were decided more and more. And, as I headed for a hospital to take the first step as a doctor, I was blessed with a second important meeting for me at the airport waiting for an airplane.

それは空港ロビーのテレビ画面に映し出されていた栄養失調の子どもと寄り添う医師の姿でした。その年は国境なき医師団の事務局が日本に開設された年でもあり、その活動を伝えるテレビ画面から目を離せなくなりました。栄養失調に苦しむ子どもの存在はもちろん知っていましたが、それまでは自分の住む世界とは完全に切り離されたものでした。
It was a figure of a malnutrition child and a cuddling doctor that was displayed on the TV screen of the airport lobby. That year was also the year when the Secretariat of the Medical Association without Borders was established in Japan, and I can not take my eyes off the TV screen that conveys its activities. Of course I knew the existence of children suffering from malnutrition, but until then it was completely separated from the world in which I live.

しかし、その映像によって彼らの住む世界と僕の暮らす世界が一つにつながりました。わずか数十秒間の出来事でしたが、その間に僕はこの仕事に自分の人生を懸けようと決めていました。最後に恩師から贈られた「最も弱い人たちのために働きなさい」という言葉が頭に浮かんでいました。
But with that picture the world where they live and the world where I live connect together. It was only a matter of tens of seconds, but in the meantime I decided to put my life on this job. Lastly the teacher gave me the word “work for the weakest people” on my head.

あれから25年の歳月が流れました。いつもはなかなか長続きしない僕が、あの時と変わらない気持ちでこの活動に関わっていることに我ながら驚いています。
Twenty-five years have passed since then. I am surprised to see that I am involved in this activity with the same feeling that I always do not last very long.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ