僕がそこへ行く理由 (第11回:なぜ日本でなくアフリカへ?(MSF))


「日本でも医師不足で困っている人がいるのに、なぜアフリカに行くの」と聞かれ、国境なき医師団(MSF)の活動を始めた頃の僕は明確な答えを持ち合わせていませんでした。日本の場合は医師偏在で、アフリカは絶対的な医師不足だとしても、どちらも患者さんにとっては深刻な問題であることに変わりはありませんから。
“There are people who are in trouble because of lack of doctors in Japan, why are you going to Africa?” I was asked to go to Africa and I was not having a clear answer when I started the activities of the Doctors Without Borders (MSF) . Even if Japanese doctors are unevenly distributed and Africa is an absolute doctor shortage, neither is a serious problem for patients.

そんな僕のモヤモヤを解消してくれたのが、東日本大震災の活動でした。地震発生時、僕は当時勤めていた静岡県立こども病院から当直明けで自宅に戻り、シャワーを浴び終えたところでした。テレビ画面に映し出される信じられない光景を見て、すぐに現地に向かう準備をしました。
It was the activity of the Great East Japan Earthquake that resolved my moyamoya. At the time of the earthquake, I returned to Shizuoka Children’s Hospital at the time and returned home, and I just finished taking a shower. I looked at the incredible sight reflected on the television screen and immediately prepared for heading to the site.

翌朝東京の事務局に入ると、そこには活動参加を希望する多くのスタッフが詰め掛けていました。移動手段や薬剤の確保に時間を要し、派遣が思うように進まない中で僕が感じていたのは、「この日のために今までMSFの活動に関わってきたのかもしれない」「今こそ、日本人として日本の人たちのために何かしたい」ということでした。待機中のスタッフ皆が同じ思いを口にしていました。
When I entered the secretariat of Tokyo the next morning, there were many staff members who wished to participate in activities crowd. While it took time to secure the means of transportation and drugs, while I was not proceeding as I expected, I felt that “I may have been involved in MSF activities for this day so far” It is now that I want to do something for Japanese people as a Japanese. ” Everyone on the standby staff told me the same thoughts.

僕たちMSFのスタッフは、外国が好きで外国に行くのではなく、命の危機にひんした人たちが待っているからそこに向かうのです。
空路で山形空港へ、そこで車に支援物資を積み込み被災地に入りました。避難所で肩を寄せ合う人びと、自分も被災者でありながら、ましてや家族の安否さえ定かでないのに診療に当たる医療スタッフたちを前に、僕は命を懸けて活動に当たろうと決意していました。
MSF staff are going there because people like foreign countries do not go abroad, people waiting for the crisis of life are waiting there.
To the Yamagata airport by air route, I loaded the support goods into the car and entered the disaster area. People each other asked the shoulder in the shelter, in spite of myself also victims, let alone in front of the medical staff who hits the clinic to not even clear family of safety, I had decided trying to Ataro in activity over a period of life It was.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ