健康のための「鼻うがい」と水道水の危険な関係 ①


Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR
Forbes JAPAN

水道水が飲用に適しているからといって、鼻の中を洗浄するためにも使用していいというわけではない。「鼻うがい」に水道水を使用してはいけない。
Just because tap water is suitable for drinking is not to be used to wash the nose. Do not use tap water for “nose-over“.

それは、水道水には鼻腔、副鼻腔とその周辺、さらには脳にも影響を及ぼす危険性があるさまざまな微生物が含まれているからだ。非常にまれなケースではあるが、恐ろしい結果につながる場合もある。
That is because tap water contains various microorganisms that are at risk of affecting the nasal cavity, the paranasal sinuses and their surroundings, and even the brain. Although it is a very rare case, it can lead to horrible results.

学会誌インターナショナル・ジャーナル・オブ・インフェクシャス・ディジーズに掲載された米ワシントン州にあるスウェディッシュ・メディカル・グループのチームの症例報告によると、慢性副鼻腔炎の症状を改善するために水道水で鼻うがいをしていた69歳の女性が、感染症のため死亡したという。
According to a case report of the team of the Swedish Medical Group in Washington State, published in the Journal of the Journal of the Society of International Journal of Infectious Disease, a nose with tap water to improve symptoms of chronic sinusitis A 69-year-old girl who was gargling was said to have died of infection.

女性は鼻うがいをする際、「ネティポット」を使用していた。これは、鼻腔を洗浄するための専用の器具で、頭を横に傾け、注ぎ口を上になっている方の鼻孔に入れ、ネティポットの中の水を注ぎ入れるというものだ。そうすると、粘液と汚れが混じった水がもう一方の鼻腔を通り、下側になっている鼻孔から流れ出る。
When using a nosewash, a woman used “nepipot”. This is a dedicated instrument for washing the nasal cavity, tilting the head sideways, putting the spout in the nostril of the person who is on the upper side, and pouring the water in the netipot. Then, water mixed with mucus and dirt passes through the other nasal cavity and flows out through the nostrils on the lower side.

女性は「ブリタ」の浄水器でろ過した水道水を使い、鼻うがいを行っていた。1か月ほど続けたところ、鼻筋と外鼻孔に赤い発疹が出始めた。鼻筋の発疹は25セント硬貨ほどの大きさになったという。その翌年、女性は皮膚科で受診したが、医師はこの発疹の原因を特定することができなかった。
The woman was using her tap water filtered with a “BRITA” water purifier and had a nasal gargle. After about a month, a red rash began to appear in the nose and the nostrils. The rash of the nose ridge was said to be as large as a 25 cent coin. The following year, the woman visited a dermatologist but the doctor could not identify the cause of this rash.

女性はその後、発作を起こし、主に左腕のしびれを訴えた。CTスキャンで検査すると、脳の右側に1.5cm程度の病変が確認された。医師らは当初、これを腫瘍だと考えた。だが、外科手術を行った結果、バラムチア・マンドリルリス感染によって生じたアメーバ性肉芽腫性髄膜脳炎によるものであることが分かった。
The woman then suffered a stroke, mainly complaining of numbness in the left arm. When examined by CT scan, lesions of about 1.5 cm were confirmed on the right side of the brain. Doctors initially thought this was a tumor. However, as a result of the surgical operation, it was found that it was due to amebra granulomatous meningoencephalitis caused by Balumachia mandrillis infection.

病変は、アメーバの「バラムチア・マンドリルリス」によるものだった。このアメーバは文字通り、女性の脳細胞に寄生していた。抗アメーバ薬での治療を行ったものの、症状に改善はみられなかった。
The lesion was due to Ameba’s “Balamucia Mandrill Squirrel”. This ameba was literally parasitic on female brain cells. Although treatment with antiamoeba medicine was done, no improvement was observed in symptoms.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ