健康のための「鼻うがい」と水道水の危険な関係 (完)


「水」に注意
この女性の命を奪った感染症は、原発性アメーバ性髄膜脳炎(PAM)と呼ばれ、非常にまれな病気だ。だが、PAMを発症することが非常に少ないとしても決して、鼻腔の洗浄に殺菌していない水・食塩水を使用してはいけない。
Attention to “water”
This woman’s life-deprived infection is called primary amebocyte meningoencephalitis (PAM) and it is a very rare disease. However, even if PAM is very few to develop, never use water / saline which has not been sterilized to wash the nasal cavity.

米食品医薬品局(FDA)の勧告では、鼻洗浄を行う際には以下の水を使用することとされている。
・信頼できる筋から入手したものであり、滅菌水または蒸留水と明記されている水
・微生物を死滅させるため、少なくとも3~5分間、煮沸した水
・微生物を除去するための専用のフィルターでろ過した水
According to the recommendation of the US Food and Drug Administration (FDA), the following water is supposed to be used for nasal washing.
· Water which is obtained from reliable sources and specified as sterile water or distilled water
To kill the microorganisms, boil water for at least 3-5 minutes
– Water filtered with a dedicated filter for removing microorganisms

フィルターが効果的なものであり、細菌や微生物を実際に除去できるものであることを確認する必要がある。ブリタの浄水器やフィルターや、コーヒー用のフィルターは、適していない。また、うがい用の器具などは使用後、必ずよく洗って乾燥させること。使用の前後に手洗いもしっかり行うことが重要だ。
It is necessary to confirm that the filter is effective and can actually remove bacteria and microorganisms. Brita’s water purifiers, filters, and coffee filters are not suitable. Also, after use, be sure to thoroughly wash and dry the instruments for nasi gargling. It is important to firmly perform hand washing before and after use.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ