中国、火星探査車からの新たな画像公開


(CNN)

中国国家航天(CNSA)はこのほど、探査機「天問1号」を構成する探査車から撮影した新たな画像を公開した
China’s National Oceanoical Administration (CNSA) recently released new images taken from the rover that make up the probe Tennage 1.

天問1号は周回機と着陸、科学観測機器を搭載した6輪の探査車で構成。昨年7月に打ち上げられた後、7カ月にわたって宇宙空間を移動、今年2月に火星軌道への進入に成功。
Ama q1 consists of a six-wheeled rover equipped with a circumnavir, a landing aircraft, and scientific observation equipment. After launching in July last year, it moved through outer space for seven months and successfully entered Mars orbit in February this year.

5月には探査車「祝融」が着陸機から火星の地表に降り立ち、探査を行っている。中国はこれにより、探査車の火星着陸と運用に成功した米国に続く2番目の国となった。
In May, the rover “Celebratory” landed on the surface of Mars from the landing aircraft and is exploring. This makes China the second country after the United States to successfully land and operate a rover on Mars.

天問1号の周回機は火星軌道に338日間滞在している。探査車の祝融は火星の42日間にわたって探査し、計236メートルを移動。
The Ama-Q1 orbiter has been in Mars orbit for 338 days. The rover’s 42-day exploration of Mars will take a total of 236 meters.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

このページの先頭へ