世界一のインフルエンサーは21歳!「8億ドルビジネス」とは? ③


超身軽なスタートアップという意味では、カイリーの事業はほとんど空気並みだ。しかも諸経費や販促コストが非常に少ないため、利益はほぼそのままカイリーの懐に入る。カイリーがすることといえば、ソーシャルメディア上のファン基盤をうまく活用すること。唇をぽってりさせたセルフィ写真をインスタグラムやスナップチャットに絶え間なく投稿してどの商品を使っているか紹介したり、新作を発表したりするのだ。
Kylie’s business is almost the same as air in the sense of super quick start-up. Moreover, since expenses and sales promotion cost are very small, the profit almost entered into Killy’s bosom. Speaking of Kylie, to make good use of the fan base on social media. Continuously posting CELPHI pictures of lips over the instagram and snap chat, introducing which products are used and announcing new works.

カイリーのインスタグラムのフォロワーは1億1000万人以上、スナップチャットは数百万人。多くは若い女性で、そのものが巨大な顧客層だ。これとは別に、カイリー・コスメティックスを直接フォローしている1640万人やカイリーをツイッターでフォローしている2560万人、カイリーの兄弟姉妹や友人によるソーシャルメディア上の“アシスト”による顧客層がいる。
Kylie instagram follower is over 110 million people, snap chat is millions people. Many are young women, and that is a huge customer base. Apart from that, there are 16.4 million people following Kylie Cosmetics directly, 25.6 million people who follow Kylie with Twitter, and customer groups by social media “assist” by Kylie’s brothers and sisters and friends.

インフルエンサーが動かす美容産業
これは、ドナルド・トランプが大統領選で繰り広げた初期の選挙運動とそれほど違わない。当時のトランプ陣営の戦略は、テレビ番組に電話をかけて出演したり、挑発的なツイートを投稿したり、折に触れて集会を開いたりすること。トランプとカイリーはどちらも、リアリティショーの出身者として、どうすれば有名であることをうまく利用できるか理解していた。自身がブランドであり、有名であるがゆえに無料でマーケティングができる。著名人のエンドースメント契約の本質はそこにある。
Beauty industry driven by influencer
This is not much different from the initial election campaign that Donald Trump made in the presidential election. The strategy of the trump camp at the time was to call the TV program, to appear, to post a provocative tweet, to open a meeting in person. Both cards and Kylie, as a native of the reality show, understood how to make good use of what is famous. I am a brand and I can market for free because it is famous. The essence of a celebrity endorsement contract is there.

ソーシャルメディアによって有名であることが武器になり、極度に収益化されたことで、不動産王が大統領となり、“有名であることで有名”な一家の娘がほぼビリオネアになることが可能になったのだ。
美容産業の市場規模は5320億ドル。消費者基盤が常に若者であることからインフルエンサーやロールモデルが過剰なまでに購買に影響を及ぼしてきた。ジェネレーションZ(1990年代後半以降生まれの世代)の消費者は、ファストファッションを好む一方で、ロレアルやエスティ ローダーなどの勢いに欠ける化粧品ブランドを避け、ソーシャルメディアで知った商品を好んできた。
Being famous by social media became a weapon, and due to extreme monetization, the real estate king became the president and the daughter of “famous for famous” family became almost able to become Billionaire It is.
The market size of cosmetic industry is 532 billion dollars. Because consumer base is always young, influencers and role models have influenced purchasing by excess. Consumers in Generation Z (generations born after the late 1990s) prefer fast fashion, while avoiding cosmetic brands such as L’Oreal and Estee Lauder who lack momentum, liked the products they learned from social media.

シンディ・クロフォードやナオミ・キャンベルら御用達のエステティシャン、アナスタシア・ソアレは、自身のブランド「アナスタシア・ビバリーヒルズ」を通じて2000年にアイブロウパウダーとアイブロウペンシルの販売を開始。だが爆発的に売れ始めたのは、13年にインスタグラムのアカウントを開設し、インフルエンサーに無料で化粧品を送って宣伝してもらうようになってからだ。
Esthetician Astacias Soare, Cindy Crawford and Naomi Campbell, started selling eyebrow powder and eyebrow pencil in 2000 through his own brand Anastacia Beverly Hills. But it began to sell explosively in 13 years after opening an instagram account and sending cosmetics to influencers for free and promoting it.

FORBES JAPAN



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ