世界を駆け抜けた「謎だらけの地震波」


11月11日、時速1万4500キロの地震波が地球を駆け巡った。その地震波はほとんど誰にも気づかれなかったが、偶然気づいた1人の地震学者のツイッターがきっかけで、ネット上で原因究明が行われている。
November 11, a seismic wave of 14,500 kilometers per hour has traveled around the earth. Earthquake waves were hardly noticed by anyone, but one seismologist Twitter, who came to us by chance, triggered a cause investigation on the net.

地震波が発生したのは、マダガスカルとモザンビークの間にあるフランスのマヨット島の沖合24キロの地点だ。ニュージーランドやチリ、ハワイ、そしてカナダにまで到達したこの波は、1万7700キロも離れた場所の地震計でも観測され、20分以上も持続した。
The seismic wave occurred 24 km off the coast of Mayotte Island, France, between Madagascar and Mozambique. This wave that reached New Zealand, Chile, Hawaii, and Canada was also observed in seismographs of 17,700 kilometers away and lasted more than 20 minutes.

マヨットからイギリスに到達するのにわずか40分、ハワイに到達するのには75分しかかからなかったという。
だがこの地震波を感じたという報告はない。地球全体を駆け巡るほどの地震波が誰にも気づかれないということはあるのだろうか。原因は地震なのか、火山の噴火なのか、それとも隕石の衝突なのだろうか。
It took only 40 minutes to reach England from Mayotte, and only 75 minutes to reach Hawaii.
However, there is no report that this earthquake wave was felt. Is there anything that anyone can not notice about the earthquake waves that run all over the earth? I wonder if the cause is an earthquake, a volcanic eruption, or a collision of a meteorite?

この地震波を最初に公にしたのは@matarikipaxというツイッターアカウントで、すぐに学者の間で拡散し、やりとりが始まった。
地震学者によると、今回の波は不自然なほど単調な低周波だったという。地震波と聞くと一番に思い浮かぶのが地震によるものだが、地震の場合は異なる周波数の高速な振動が放出される。しかし、マヨット島でこの日に地震は観測されていない。
The first thing that publicized this seismic wave was the twitter account @ matarikipax, soon spread among scholars, and the exchange started.
According to a seismologist, this wave was said to be unnaturally monotonous low frequency. Although it is thought that the earthquake causes the most thought when it is heard as a seismic wave, in the case of an earthquake, a high-speed vibration of a different frequency is emitted. However, no earthquake has been observed on Mayot Island this day.

マヨット周辺で最近観測された最も大きな地震は、5月に起きたマグニチュード5.8のもで、ここ数カ月の間、地震活動は落ち着いていた。地震波は地震とは無関係のように思えるため、学者たちは他の可能性を考えている。
The biggest earthquake observed recently around Mayotte was the magnitude of 5.8 that occurred in May, and the earthquake activity has been calm for the last few months. As seismic waves seem to be unrelated to earthquakes, scholars are thinking about other possibilities.

今回観測されたような低周波は、地表や地中が大きく動いたときに発生することが多い。だが、ハイドロフォン(聴音装置)が検知していないため海底で地滑りが起きた可能性は低く、周辺に氷河がないため氷河の崩壊による揺れでもない。
Low frequencies as observed this time often occur when the earth’s surface or the ground moves greatly. However, since the hydrophone (hearing device) has not detected it, the possibility of landslides occurring on the seabed is low, and there is no glacier due to the collapse of the glacier because there are no glaciers in the surrounding area.

今回の地震波の原因として可能性が高いのは、地中のマグマだまりが崩壊したというシナリオだ。地下深くで、突然マグマが動いた場合、マグマだまりの崩壊で低周波が放出される可能性がある。今後、マヨット周辺の調査によって、地震波の原因が特定されるかもしれない。奇妙な地震波がいかにして発生したかを解明する、学者たちの試みが続いている。
The high possibility as the cause of this seismic wave is the scenario that the underground magmasm collapsed. If the magma moves suddenly underground, there is a possibility that low frequency may be released due to the collapse of the magma. In the future, survey around Mayotte may identify the cause of the seismic wave. Attempts by scholars continue to elucidate how strange seismic waves were generated.



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ