世界に広がる孤独の脅威 心の健康に大きく影響 ①

今月10日の世界精神保健デーは、携帯電話の使用をやめることや運動、セラピーに行くこと、正しい食事を取ることなど、心の健康に影響を与えるさまざまな個人的習慣を改めて思い出す機会となった。また、うつ病を抱えている友人や家族に手を差し伸べること、あるいは自分がこうした症状を抱えている場合は助けを求めることなどの必要性を確認する機会も多くあったはずだ。
The World Mental Health Day on October 10 is an opportunity to recall various personal habits that affect the health of the mind, such as stopping the use of mobile phones, exercise, going to therapy, taking the right meal It was. Also, there were many opportunities to confirm the necessity of reaching out to friends and families with depression, asking for help if you have such symptoms.

これらはもちろん重要なことで、価値ある習慣だが、それよりも大きな問題があるかもしれない。それはそもそも、なぜこれほど多くの人が心の問題で深く苦しんでいるのかという点だ。臨床的うつ病を患っていなくても、不幸せな気分やむなしさなど軽度の症状に悩む人は多い。
These are, of course, important and valuable habits, but there may be bigger problems than that. That is in the first place why so many people are deeply suffering from the problems of the heart. Many people suffer from mild symptoms, such as unhappy feelings and emptiness, even if they do not suffer from clinical depression.

全ての要素を考慮すれば、孤独感は心の健康に対して、現時点で最大の脅威になるかもしれない。これは、過去数年間でますます多くの研究が行われた結果明らかになっている。米国では、親友が1人もいない人は過去数十年で3倍になった。
また、カイザー・ファミリー財団が先日発表した大規模な調査は、米国・英国・日本における孤独感のパターンを調査した。その結果、回答者の3分の2は、近くに住んでいて自分を支援してくれる友人や家族が数人しかいない、あるいは全くいないと回答した。また、10人に2人は多くの時間、あるいは常に孤独に感じると回答した。
Considering all factors, loneliness may be the greatest threat at the present time against mental health. This has been revealed as more and more research has been conducted in the past few years. In the United States, those without one close friend tripled in the past few decades.
In addition, the large-scale survey released recently by the Kaiser Family Foundation investigated the pattern of loneliness in the United States, UK and Japan. As a result, two-thirds of the respondents said that there are only a few friends and families who live nearby and who support them or not at all. Also, two in ten people answered that they felt many hours, or always lonely.

さらに、米医療保険大手のシグナが今年前半に発表した調査では、米国人の約半分が時々、あるいは常に孤独に感じると回答した。米医学誌、米国老年精神医学ジャーナル(The American Journal of Geriatric Psychiatry)によると、一人暮らしが多く、既に配偶者や友人と死別している可能性が高い高齢者の間では、その数はさらに増加する。
英国では同問題への真剣な取り組みが始まり、テリーザ・メイ首相が「現代の生活の悲しい現実」と呼ぶ状況に取り組むため、孤独担当大臣が任命された。
In addition, according to a survey released by US health insurance giant Signa in the first half of this year, about half of Americans responded that they feel occasionally or always lonely. According to the American Journal of Medicine, The American Journal of Geriatric Psychiatry, the number of elderly people who are likely to live alone, who already have a high likelihood of being already separated from their spouses and friends, will further increase.
Serious efforts on the issue began in the UK and Minister in charge of loneliness was appointed in order to tackle the situation that Prime Minister Terrisa Mei called “a sad reality of modern life”.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ