世界に広がる孤独の脅威 心の健康に大きく影響 (完)

現代の生活が、私たちの心の健康に欠かせない社会的つながりを弱めているのは事実だ。人間は進化の結果、非常に社会的な生き物となった。何千年もの間グループで生活してきた私たちにとって、現代のように隔離された生活を送ることは人間の本質的な心理的ニーズに反する。
It is a fact that modern life weakens social links that are indispensable for our mental health. As a result of human evolution, humans have become very social creatures. For us who have lived in groups for thousands of years, sending an isolated life like contemporary is contrary to the essential psychological needs of human beings.

家族から何百、何千キロと離れて暮らす人は多く、人間が進化の結果と生活してきた村のような居場所を持つ人はほどんどいない。子どもを育てる場となるとなおさらだ。
これは、大人や高齢者にとどまらない。8~19歳ぐらいの子どもや若者も、おそらく大人と理由は異なるものの、同じ気持ちを感じているようだ。こうした年代の子どもの生活では携帯電話やパソコンがより大きな役割を果たし、社会的生活も少なくとも同レベルの影響を受ける。
There are many people who live hundreds or thousands of kilometers away from their families, and there are not many people who have a place like a village where humans have lived with the results of evolution. Especially when it becomes a place to raise children.
This is not limited to adults and the elderly. Children and young people around 8 to 19 years of age probably feel the same feeling, although reasons are different from adults. Mobile phones and personal computers play a greater role in children’s lives of these ages, and social life is affected at least to the same level.

昨今の子どもたちはデジタルネイティブであるだけでなく、ソーシャルメディアネイティブでもある。心理学専門誌エモーション(Emotion)に今年掲載された論文など多くの研究からは、スクリーンを眺めて過ごす時間が増えるほど10代の子どもたちの間でうつや自殺願望が生まれ、一方直接的な社会交流を行えば、心の健康が改善することが分かっている。
These days children are not only digital native, but also social media native. Many studies, such as papers published in psychology journal Emotion this year, have shown that as time spent watching the screen increases, depression and suicidal desires are born among teenagers, while direct society We know that if you interact, your mental health will improve.

これは特に驚くことでもないが、皮肉な結果だ。一部のソーシャルメディア開発者らは昨年、自分たちがその開発で果たした役割について後悔の気持ちを持っていることを明らかにした。またその一部は、自分の子どもにさえソーシャルメディアを触らせていない。
強い社会的つながりを持てば長期的な幸福感を得られるだけでなく、健康を長期間維持できることを示す研究も多い。80年にわたり実施された有名な長寿研究「ハーバード成人発達研究(Harvard Study of Adult Development)」からは、幸福感や健康を増幅させ、長寿をもたらす鍵が社会的つながりである可能性が示された。
This is not surprising, but it is ironic. Some social media developers revealed last year that they feel regret about their role in their development. Also, some of them are not letting their children touch social media.
Many researches show that not only long-term happiness can be obtained but also health can be maintained for a long time if strong social connection is established. From the famous long life study “Harvard Study of Adult Development” conducted over 80 years, it was shown that the key to amplify happiness and health and the key to longevity is a social link .

この機会に時間を取り、個人としての習慣だけでなく、自分の生活がどのように構築されているかをより広い視点で考えてみよう。家族の近くに住む、コミュニティーや地元のプロジェクトに参加するなど、より総合的な視点で他者とのつながりを増やすためにできることはあるだろうか?
毎日の小さなことだけでなく、自分の生活をどのように構築するかなどより大きなことについて考えることが、私たちや周囲の人の健康に大きく貢献するかもしれない。
Let’s take time on this occasion and think about not only personal habits but also how our lives are constructed from a broader perspective. Is there anything you can do to increase the connection with other people from a more comprehensive perspective, such as by living near families, participating in communities and local projects?
In addition to small things every day, thinking about bigger things such as how to build your own life may contribute greatly to the health of people and the surrounding people.

Pocket



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ